メール送受信データのエクスポート方法

メール送受信データのエクスポートは、メールソフトを起動させて行います。

ここでは、例として Windows Live Mailでの方法を紹介しています。

Windows Live Mailを起動させ 左上メニュー→電子メールのエクスポート→電子メールメッセージ。

Windows Live Mail

形式の選択です。Windows Live メールを選択して次へ。

選択

エクスポートする場所・保存する場所を指定します。参照ボタンで新規フォルダを作成します。ここでは、maildataというフォルダを作成。

保存場所を指定

「すべてのフォルダー」にして次へ。フォルダを選択することもできます。

すべてのフォルダ

エクスポートが始まります。メールデータが多い場合は時間がかかることがあります。エクスポートが終わったらこの画面になります。

エクスポート

先程 指定したフォルダにエクスポートされたデータが入っています。

データ

メールデータを復元・インポートする際は、このフォルダを指定します。