大容量・同期機能を活かしたバックアップ

Dropboxには、有料版のプランがあります。無料版では容量が2GBなど少ないのですが、有料版では2TBや3TBのプランがあります。

例えば、なくなっては困るようなデータが250GBあるとします。

データが大きくなると パソコンの中には保存できなくなり 外付けハードディスクや内蔵のセカンドドライブに保存するということが多くなります。

しかし外付けハードディスクのみ、セカンドドライブのみではデータのバックアップにはなっていません。

そうしたときに、Dropboxを活用することができます。

(現在、別ドライブにフォルダを移動できないという事案を確認しています。検証中です。下記内容は以前のものになります。)

Dropboxフォルダ

例えば、SSDとHDDを搭載したパソコンがあるとします。容量は SSDが120GB、HDDが1TBです。

Dropboxのフォルダを、Dにします。

Dropboxのフォルダ

Dドライブ内のDropboxフォルダ。

Dドライブ

このDropbox内に バックアップしたいすべてのデータを入れます。

通常はDドライブにそのままデータをおくのですが、そうではなく Dropboxフォルダ内にデータを入れるというのがポイントです。

ここでは、DドライブのDropboxフォルダに約250GBほどのデータを入れてみました。

データ

Dropbox内のデータは、すべてDropboxのサーバーにバックアップされることになります。

また、Dropboxフォルダ内の編集・変更・追加したファイルやフォルダは、オンラインであれば Dropboxのサーバーとリアルタイムで同期されることになります。

デスクトップにショートカットを作り、デジカメの写真・動画、ファイルやフォルダなどすべてのデータを、Dドライブ内のDropboxに入れていったり、編集するファイルをDropboxフォルダに入れておくだけで、バックアップの体制を整えることができます。

ショートカット

もし、Dドライブのハードディスクが壊れても、Dropboxのサーバーには直前の同期していたデータがすべてあるので、データが消えてしまうということはありません。

ハードディスクを交換し、Dropboxをインストール・再設定すれば、Dropboxのサーバーから新しいハードディスクにデータがコピーさます。