ソフトウェアによるバックアップ

ソフトウェアを使って、自動的にバックアップを取る方法というのもあります。

BunBackupは、バックアップしたいフォルダ・ファイルを指定してバックアップをとることができます。

このページでは、フリーソフト BunBackupの一般的なバックアップ方法、アプリケーションから追加する方法、ミラーリング、自動バックアップなどの紹介をしています。

バックアップ

デスクトップ上のアイコンをクリックします。

アイコン

BunBackupのメイン画面です。メニューの緑色の十字マークをクリック。

追加

バックアップ設定という画面が開きます。

設定

後で分かりやすいようにバックアップ名(タイトル)を入力し、バックアップ元フォルダ、バックアップ先フォルダを指定します。右側のアイコンをクリックして選択できます。

後で管理しやすいように、例えばバックアップ元のフォルダがFavorites(IEお気に入り)なら、バックアップ先にも新規フォルダ Favoritesを作成したほうがいいでしょう。入力が終わったら最後にOKボタン。

バックアップ

このような画面になります。

画面

メニューのアイコンからバックアップ開始ボタンをクリックします。

メニュー

バックアップが終わると、バックアップ結果が表示されます。

結果

バックアップ先に、指定したフォルダやファイルがバックアップされたかどうかを確認します。

確認

ファイル→名前を付けて保存で、バックアップの設定を保存しておきます。

保存

適当に名前を付けて保存します。

名前

BunBackupを起動し、ファイル→開くで、このバックアップ設定を開くことができます。

開く

緑色の追加ボタンで、バックアップ名を追加していくことができます。ここではマイドキュメント、デスクトップなどを追加しています。

ファイル→上書き保存で設定ファイルを上書き保存して、いつでも呼び出せるようにできます。バックアップ開始ボタンで、これらのフォルダをまとめて指定してバックアップ先にコピーできます。

上書き

バックアップ開始でバックアップが始まります。

開始

次回バックアップを実行する際は、上書きコピーするわけではなく変化のあったフォルダ・ファイルのみコピーするので、高速で行われます。

高速

アプリケーションから追加

BunBackupの画面より、編集→アプリケーション名から追加と進みます。

BunBackup

先ずバックアップ先のフォルダを選択します。ここではDドライブのdataというフォルダになります。

バックアップ先のフォルダ

バックアップしたい対象のデータを選択しチェックをいれます。

データ

すると自動的にバックアップ元とバックアップ先の一覧が作成されます。

一覧

このバックアップ設定を保存するため、ファイル→名前を付けて保存。

バックアップ設定

適当に名前を付け保存しておきます。

保存

バックアップ開始ボタンをクリックします。

開始

バックアップが始まります。次回もバックアップを取る場合はBunBackupを起動しバックアップ開始ボタンを押すだけで今回作成された内容でバックアップが行われます。

バックアップ

ミラーリング

BunBackupでミラーリング機能を使用する場合は、設定→機能表示設定。

機能表示設定

ミラーリングにチェックを入れOK。

ミラーリング

バックアップ設定を一つづつクリックします。

設定

詳細をクリック。

詳細

ミラーリングのタブからミラーリングするにチェックを入れOK。他のバックアップ設定でもミラーリングしたい場合は同様の手順で行います。

チェック

BunBackupの設定は次回起動時にも反映されるように、保存するようにします。

保存

ミラーリング設定後にバックアップをした結果、左に通常のコピーされたものが表示され、右に削除されたものが表示されます。

結果

自動バックアップ

BunBackupで自動バックアップ機能を使用する場合は、設定→機能表示設定。

機能表示設定

自動バックアップにチェックを入れOK。ここではミラーリングもチェックしています。

自動バックアップ

次に設定→環境設定。

環境設定

自動バックアップにチェックを入れ、間隔や日時を入力。

間隔

入力が終わったら、スタートアップ・タスク設定をクリック。

設定

登録をクリック。

登録

OKで閉じます。

結果

以後、Windows起動時やBunbackup起動時は、右下タスクトレイにアイコンが表示されます。Bunbackupのメイン画面を開きたいときは、タスクトレイのアイコンをクリックします。

アイコン

指定した時間(入力した間隔・時間)になるとタスクトレイにあるBunBackupが動き自動バックアップが始まります。

タスクトレイ