伝染・潜伏・発症のサイクルを持つウイルス

ウイルスとは、パソコンに侵入し危害を加え悪影響を及ぼすプログラムのことです。

別名:コンピューターウイルス。主に電子メールやホームページ閲覧などを通して感染します。

「悪意を持ったソフトウェア」マルウェアのひとつ。

3つの特徴

ウイルスには 3つの特徴があります。

経済産業省の「コンピュータウイルス対策基準」において ウイルスを以下のように定義されています。

----------------------------

第三者のプログラムやデータべースに対して意図的に何らかの被害を及ぼすように作られたプログラムであり、 次の機能を一つ以上有するもの。

自己伝染機能

自らの機能によって他のプログラムに自らをコピーし又はシステム機能を利用して自らを他のシステムにコピーすることにより、 他のシステムに伝染する機能

潜伏機能

発病するための特定時刻、一定時間、処理回数等の条件を記憶させて、発病するまで症状を出さない機能

発病機能

プログラム、データ等のファイルの破壊を行ったり、設計者の意図しない動作をする等の機能

----------------------------

コピー→発症→破壊という流れです。

感染・発症すると、以下のような症状が出ます。

  • パソコンの動作が不安定になる
  • 画面の表示がおかしい、メッセージが出る
  • ハードディスク内の保存されているファイルが壊れた

パソコンが正常に起動しない、使用できないということになってきます。

ウイルス対策ソフトを入れていない場合 感染・潜伏しているのが分かりづらいというのがあります。

ワームとボット

ワームとボットはコンピューターウイルスの一種です。

  • ワーム・・ネットワーク上で自身を複製しながら増殖
  • ボット・・外部から操作し 迷惑メール送信や踏み台など不正な処理を行う

マクロウイルス

WordやExcelのマクロ機能を悪用したウイルス。

インターネット上のファイルのダウンロード、迷惑メールの添付ファイル、USBメモリーでの感染が考えられます。

ガンブラー

WEBを改ざんし不正なコードを埋め込み 閲覧したパソコンを次々にウイルス感染させる攻撃手法。

ガンブラーウイルスということもあります。

何らかの形で WEBサイトのFTPアカウントのID・パスワードが奪取されたことが感染の原因といわれています。

トロイの木馬

ギリシャ神話のトロイの木馬と働きが似ていることから命名。

トロイの木馬型ソフトウェアともいいます。

通常のソフトウェアに見せかけて パソコンに侵入し、ウイルスを招いたりパソコン内部で拡散したりします。

ファイルやデータの送信・破壊などが行われます。

インターネット上のファイルや迷惑メールの添付ファイルなど実行形式のファイルを開くのが主な感染源です。

バックドア

バックドアは、裏口の意味。

パソコンやネットワークに進入するための仕掛け・裏口。バックドアは ウイルスにより作られることがあります。

そのままにしていると不正侵入などを招き被害がでます。

ウイルス対策ソフトは必要

ウイルス対策ソフトは、感染を予防するためにパソコンに導入しておくものです。

ウイルスに感染し発症すると パソコンの起動や動作に関係しているシステムファイルなどが破損すると ウイルスを駆除してもパソコンの調子が悪いまま元に戻ることがないということもあります。

感染した状態で長くそのままにしておいたパソコンなどでその傾向は高くなります。

こうした場合 パソコンを初期化する必要が出てくることもあります。

なので何か症状が出てからではなく、普段からウイルス対策ソフトを導入し、未然に予防しておくことが大切なのです。

ウイルス対策ソフトのアップデート

インターネット上には現在ウイルスが、何万種類もあり増殖、伝染などを繰り返しています。

また毎日どこかで新種のウイルスが発生しており、ウイルス対策ソフトのアップデートが必要なのはこのためです。