パソコンでスパイ活動を行うスパイウェア

スパイウェアとは、ユーザーの知らないうちに通信内容や個人情報を、特定の場所・プログラム作成者に送信するソフトウェアのことです。

パソコンのなかでスパイ活動をしているということです。

スパイウェアの種類はたくさんあり、インターネットの閲覧記録を送信するもの、パソコンに広告を表示させるもの、ダイヤルアップの接続設定を変更するもの、キーボードで入力されたIDやパスワードなどを記録し送信するものなど実に様々です。

これらスパイウェアは、インターネット上のフリーソフトに含まれていたり、ブラウザのセキュリティ設定や弱点を突いて侵入してきたり、無料ゲームやセキュリティーソフトに偽装してユーザーをだまして侵入してきたりと多様です。

ウイルスとの違いは何かといいますと、

基本的にウイルスは増殖するがスパイウェアは増殖しないということ。そしてもうひとつは、ウイルスがパソコンの破壊活動を行うのに対して、スパイウェアは個人情報を盗んだり、経済活動、つまりお金儲けなどが目的であるということです。

ウイルス対策ソフトがスパイウェア対策を兼ねていることは多く スパイウェアの検索・駆除をすることもありますが、中には検知できないウイルス対策ソフトもあります。

場合によっては スパイウェアの対策ソフトを使うことも有ります。

悪意のあるアドウェア

メンテナンスソフトやセキュリティ対策ソフトを偽装して パソコンに入り それらしい画面や広告が表示されます。

カード決済などを促してくることがあります。

インターネット上のダウンロードファイルから感染することが多いと考えられます。

キーロガー

パソコンのキーボード入力の履歴を記録し送信するスパイウェア。

ネットバンクの操作画面で スクリーンキーボードが使えるようになっているのは ひとつはこのキーロガー対策になります。

ランサムウェア

パソコン内のファイルを暗号化し 身代金を要求するソフトウェア。

インターネットでのファイルのダウンロードや迷惑メールの添付ファイルなどを開いたことが原因と考えられます。