スマートフォンの基本的な機能・使い方

スマートフォンが登場してくる前までは、携帯電話は ガラケー、フィーチャーフォンといわれるものが使われていました。

番号のボタンを押すことで電話する携帯電話です。

ではスマートフォンとは何か?といいますと、

タッチパネル式で操作できる携帯電話であることがあげられます。

フィーチャーフォン(左)とスマートフォン(右)

フィーチャーフォンとスマートフォン

ハードウェアの構成や、OSとアプリケーションを搭載していることはパソコンに近く、電話するという基本性能以外にインターネットやメールを使ったり 音楽プレイヤーとして使用することもできます。

スマートフォンとは、タッチパネルを使った多機能な携帯電話ということです。

電話・インターネット・メール

基本的な機能は 電話・インターネット・メールです。

パソコンと同じように スマートフォンの画面上にあるアイコンをクリックして アプリを起動させて利用します。

タッチパネルなので 番号を指先でタッチしてダイヤルします。

電話

インターネットは パソコンと同じです。YahooやGoogleの検索エンジンを利用し、表示されるサイトは 基本的にパソコンと同じです。

ブラウザも特に決められているわけではなく 例えば Google Cromeをインストールして使うということもできます。

インターネット

メールは スマートフォン用のメールアドレスを使うのが一般的ですが、アプリを使うことで パソコン用のメールアドレスのほとんどをスマートフォンで使えるように設定することができます。

メール

またYahooメールやGmailなどのWEBメールは パソコンと同じようにブラウザでログインして使うことができます。

カメラ

スマートフォンには カメラ機能が内蔵されています。

機種によって性能は異なりますが、デジタルカメラに近い解像度をもっています。

カメラ

スマートフォンのカメラは バーコードやQRコードの読み取りにも使うことができます。

QRコードの読み取り

QRコードは、読み取るとブラウザが起動して 指定されているWEBサイトへアクセスすることができます。

GPS機能

GPS機能は、ほどんどのスマートフォンに内蔵されている機能で、GPS衛星からの電波を受信し 現在地などの情報を得ることができます。

現在地

例えば Googleで「現在地」などで検索すると Google Mapが表示され 現在どこにいるのか?目的地に近いかどうか?など知ることができます。

GPSは Googleの検索機能にも使われていて 「喫茶店」や「コンビニ」と検索すると 現在地の近くにある店を印を付けて表示してくれます。

アプリを使うことで、登山やトレッキング、ジョギングなどでの軌跡、標高差、距離を取得したりすることもできます。

標高差や距離

Wi-Fi

ほぼすべてのスマートフォンに標準搭載されている機能。

Wi-FiをONにすることで 自宅やWi-Fiスポットの無線LANの電波を拾い インターネットに接続することができます。

Wi-Fi この場合 別回線でのデータ通信となるため スマートフォンで通常使用しているモバイルデータ通信の使用量には含まれません。

Bluetooth

Bluetoothも ほぼ標準搭載の機能です。

BluetoothBluetooth機能をONにすることで、Bluetooth対応のヘッドフォンやスピーカーと無線で接続することができます。

ヘッドフォン、スピーカー、端末間でのファイル転送などで使われます。

3.5mmステレオミニプラグ

3.5mmステレオミニプラグは、パソコン、タブレット、TVのイヤフォン、カーナビのイヤフォンなどで 多くのデジタル機器で使われている規格です。

3.5mmステレオミニプラグスマートフォンでは 主にヘッドフォンやスピーカーをつないで使用します。

Micro-USB

Micro-USBは、スマートフォンをパソコンと接続したり、充電する際に使う端子です。

Micro-USBほとんどのスマートフォンは Micro-USB端子を持っています 。

AppleのiPhoneは、Micro-USBではなく Lightning ライトニングという独自の規格になります。

テザリング

スマートフォンは 3GやLTEなどキャリアの回線でデータ通信を行っています。

テザリングテザリング機能をONにすることで、スマートフォンから電波を発し ノートパソコンやタブレットでもデータ通信を行うことができます。

アプリ

パソコンが様々なアプリケーションを起動させて操作を行うように、スマートフォンをアプリを起動させて操作します。

例えば 電話、ブラウザ、メール、カメラ、バーコード読み取り、GPS連動アプリ、写真管理、音楽など。

アプリ

画面上によく使うアプリのアイコンをおきます。

パソコンでデスクトップにある ショートカットアイコンと同じです。

必要なアプリは Google playやApple Storeなどで アプリをダウンロードして使用します。

アプリには無料のもと有料のものとがあります。

SIMカード

スマートフォンには、SIMカードと呼ばれる小型のICチップが内蔵されています。

SIMカードSIMカードに電話番号や契約情報など固有の情報が書き込まれており、スマートフォンに取り付けてあることで通話ができるようになっています。


SIMカードは 着脱が可能となっていて、スマートフォンからSIMカードを外した場合は、スマートフォンを単なる端末として利用することもできます。

つまり、SIMカードを取り外しているスマートフォンというのは、小型のタブレットと同じであるということになります。

Wi-Fiなどで接続すれば インターネットなども利用できます。

OS

スマートフォンには OSが搭載されています。

大きく分けると AndroidとiOSです。この2つが現在のスマートフォンの主流です。

Android

Googleが開発したOSです。

スマートフォンを製造しているメーカーの多くが、このAndroid OSをスマートフォンに使っています。

Androidは スマートフォン以外ではタブレットにも搭載されています。

iOS

Appleが開発したOSです。

Appleの製造したスマートフォン iPhoneに使われています。。

iOSは、Appleのタブレット iPadにも搭載されています。

Windows

Windowsが搭載されているスマートフォンもあります。Windows 8.1が使われています。

Windows Phoneともいいます。

キャリア

スマートフォンは通常 キャリアとよばれる携帯電話会社で手続きを行い購入することができます。

ドコモ手持ちの旧型の携帯電話からスマートフォンへ移行する際は、キャリアのショップで契約や機種の変更手続きを行います。


キャリアは、携帯電話の通信網をもっており Docomo、au、Softbank、Ymobileがあります。

AppleのiPhoneは Docomo、au、Softbankが取り扱っています。Windows PhoneはSIMフリー端末が多く、キャリアでの取り扱いはほとんどありません。

料金プランは どこのキャリアも基本的に定額制で、

基本料金+通話定額+データ通信定額

のようになっています。例えばドコモなら 通話はどれだけ使っても定額で データ通信だけ2GBまでなど。

データ通信は 上限に達すると速度が低下する仕組みになっています。

通信回線は LTEが主流です。高速の無線通信規格です。

SIMフリー端末

スマートフォンはキャリアでのみ購入できるわけではありません。

SIMフリー端末といい、SIMカードがもともと入っていない端末、キャリアのSIMカードを差し替えて使用できる端末というのもあります。

ただこのSIMフリー端末は やや上級者むけです。

SIMフリー端末は どこのキャリアの回線が使えるか? SIMカードは合致するか?などの知識も必要となってきます。

白ロム

主に中古のスマートフォン市場で使われる言葉で、SIMカードが入っていないスマートフォン、自分の持っているスマートフォンのSIMカードを差し替えて使用できるスマートフォンを指します。

SIMフリー端末の場合は どこのキャリアでも幅広く使えるというニュアンスがありますが、白ロムといった場合は 単にSIMカードが付いていない端末を指します。

なので ドコモの白ロム、auの白ロムなど、キャリア名が付くことが多くなります。

具体的には ドコモユーザーが ドコモの白ロムを入手して SIMカードを差し替えて使ったりします。

白ロムは 新古品や中古品で流通していて 中古のスマートフォンのショップなどでも購入することができます。

ただ SIMフリー端末と同じで SIMカードやLTEなどの知識が必要です。

MVNO

携帯電話の会社は今までキャリアのみでしたが、最近ではMVNOという事業者でも契約して使うことができます。

MVNOは、キャリアの回線を借り受けて通話やデータ通信のサービスを提供しているため、これからスマートフォンを使いたいという場合は、自分でSIMフリーのスマートフォンを用意し、MVNOのSIMカードを使って通話やデータ通信を利用するということもできます。

この場合 契約はキャリアではなく MVNOになるため キャリアの料金プランではなく 割安なMVNOのプランになります。


関連情報