昇順と降順とは

昇順と降順は、データの並べ替えで使われる言葉です。

Microsoft OfficeのExcelやAccess、データベースソフトなどで出て来る言葉ですが、日頃利用しているパソコンのファイル管理やWebサービスでも 知らず知らずのうちによく使っています。

データに数字順、アルファベット順、ひらがな順、日付順などの規則を与え、並び替えます。

データを特定の規則に従って 整列することをソートともいいます。

昇順

昇順とは 「階段を昇っていく」と覚えると分かりやすいでしょう。

昇順


1→10、A→Z、あ→をなど。

小→大、古→新となります。

例えば、パソコンを使っているとファイルの番号順や名前順、容量の小さい順、更新日の古い順に並べ替えたりすることがあります。

降順

降順とは 「階段を降りていく」と覚えると分かりやすいでしょう。

降順


10→1、Z→A、を→あなど。

大→小、新→古となります。

例えば、メールソフトを開いて新しいメールが常に一番上に来ているなら、それは降順ということになります。

また通販サイトなどでレビューを見る時に、日付の新しい順、評価の高い順などで並べ替えることがありますが、これも降順です。

このようにコンピューターでは、昇順や降順による並べ替えが基本となっています。