RGBとは?CMYKとは?

デジタル機器やソフトウェアでは RGBとCMYKという言葉が出てくることがあります。

これは 色を表現する際に使われる用語です。

具体的には、液晶ディスプレイやデジカメ、WEB素材で 「RGB」、プリンター、印刷物などで「CMYK」という言葉が使われます。

端的にいいますと 色を表現しているのが 光なのか?インクなのか?という違いです。

  • ディスプレイ、デジカメ・・RGB、光の3原色
  • プリンター・・・CMYK、色の3原色

RGBとCMYKというのは、デジタルだから特別な用語というわけではなくて、色の法則・自然界の法則として一般的に知られています。

RGB

ディスプレイには解像度、デジカメの写真には画素というものがありますが、ひとつひとつの細かい点で構成されています。

ディスプレイは ドットやピクセル、デジカメ写真では ピクセルや画素といいます。

この点は 赤と緑と青の3色の光で表現します。

RGBは、RedのR、GreenのG、BlueのBのことです。

RGB

それぞれの色が組み合わさって、黄色、赤紫色、水色になります。これを光の三原色といいます。

また赤・緑・青を重ねると白になります。逆に光らせない場合は 黒になります。

光の三原色は、太陽の光をイメージすると分かりやすいです。

太陽の光は、本来いろいろな光で構成されており 透明・無色ですが、屈折があったりすると虹が出たり赤い夕陽を見ることができます。

RGBは、加法混色といい 混ぜれば混ぜるほど白に近づくという特徴があります。

このRGBは デジタルでも使われています。各色に8bit 合計24bit割り当てます。

赤・緑・青にそれぞれ 0~255の256通りの強弱をつけることで、組み合わせは 16,777,216色。

例えば、

  • 赤・・R 255、G 0、B 0
  • 緑・・R 0、G 250、B 0
  • 白・・R 255、G 255、B 255

のようにRGBの各数値で 色が表現できます。

写真編集ソフトやイラストレーターでは 色指定 パネル画面で RGBにそれぞれ 0~255の数値を入れて色を指定することもできます。

イラストレーター

247、147、30がRGBの10進数での数字、右下の F7931Eは16進数の数字になります。

RGBは 24bitフルカラーともいい 256通り×3の約1677万色の色を表現できます。

パソコン、スマートフォン、タブレットなど現在の液晶ディスプレイのほとんどが このフルカラー 約1677万色に対応しています。

CMYK

プリンターでは インクを使います。

Cyan 水色、Magenta 赤紫、Yellow 黄、Black 黒です。

CMYK

それぞれ混ぜあわせた色は 青、赤、緑、すべて混ぜ合わせると黒になります。これを色の三原色といいます。

絵の具と同じです。

減法混色といい、混ぜれば混ぜるほど黒に近づくという特徴があります。

それぞれの色を パーセントきざみで強弱をつけて 様々な色を表現することができます。

色の三原色は、CMYを指すのですが、プリンターでは はっきりとした黒を再現するために 混ぜあわせた黒ではなく Blackのインクを使います。

CMYKカラーモデルともいいます。

カラーレーザープリンターやインクジェットプリンターでは CMYKのトナーやインクを基本としています。

再現する色の違い

RGBとCMYKでは 色の表現方法が異なるので ディスプレイに表示されているものを印刷したら 少し色合いが違うものになってしまったということはよくあることです。

これはRGBで再現する色と CMYKで再現する色が多少異なるからです。

パソコンのデータは、プリンターで印刷する際は RGBからCMYKに変換されます。

一般的に RGBのほうが 再現する色の領域が広いため ディスプレイに表示されているデジタルデータのほうが綺麗に映ります。

イラストレーターなどのソフトでは、WEB用の作品なのか?印刷物なのか?でRGBかCMYKのどちらを使うか制作時点で選択します。

カラーモード

WEB用ならRGB、印刷するならCMYKとなります。

制作時点でCMYKを選ぶことで 印刷して色合いが違ったものになるということを ある程度防ぐことができます。

WEBセーフカラーとは

RGBは約1677万通りの組み合わせがあります。

インターネットの初期の頃は ディスプレイがフルカラーに対応していなかったり、OSやブラウザによって指定した色の見え方が異なることもありました。

どのOS・ブラウザで見ても色の違いがないように標準的に定められたのが WEBフルカラーです。

色は216色になります。

RGBでは、それぞれに0~255までの数値が入りますが、WEBフルカラーでは、0、51、102、153、204、255の6つの数値が入ります。

6×6×6=216通りです。

一般的に RGBやWEBカラーは16進数で表記されるので、WEBカラーでは、00、33、66、99、CC、FFの組み合わせで表現されます。

  • 赤・・#FF0000
  • 緑・・#00FF00
  • 白・・#FFFFFF

先頭に#は、ハッシュ記号で この数字の羅列が色の情報であることを示しています。

現在では OSやブラウザも進歩しているので RGBで指定した色で見れることがほとんどですが、標準的な色、再現性が高い色として根強く使われています。