ISPとASPとは

何かのサービスを提供する会社のことをプロバイダといいます。

英語でProviderというのは供給者という意味。

プロバイダといえば インターネットへ接続を提供する会社があげられます。ISPといいます。

他には ビジネス向けのASPがあります。

  • ISP・・・インターネット接続サービスを提供
  • ASP・・・アプリケーションサービスを提供

ISP

インターネット・サービス・プロバイダの略。いわゆるプロバイダ。

ISPは、インターネットサービスを提供しています。インターネットに入るためには必ずISPとの契約が必要です。

プロバイダで発光されたIDとパスワードを使いインターネットに接続します。

例えばNTT東西の場合、インターネット回線のみを提供しているので、別途プロバイダー契約が必要です。

ISPによっては ケーブルテレビのようにモデムをつなぐだけで認証し接続できるものもあります。

インターネット接続以外にもメールアドレスの付与、ホームページスペースの提供、会員専用の動画コンテンツ、IP電話など様々な付加サービスがあります。

ASP

アプリケーション・サービス・プロバイダ。

ASPは アプリケーションサービスを提供しています。ビジネス向けのサービスです。

自社でアプリケーションを用意せず、インターネットを通じてASPが提供するアプリケーションを利用します。

具体的には、メール配信システム、販売・顧客管理システム、e-ラーニングシステム、財務・会計ソフト、グループウェア、Google Apps for Work、Office 365などです。

使用時間に応じて課金されたりします。企業側からすると コスト削減などのメリットがあります。

このような仕組み・概念をクラウドコンピューティング、また企業のコスト削減・問題を解決するビジネスであることから、ソリューションビジネスといわれることがあります。

ASPは、サービスの提供方法によって、Saas サース、Paas パースなどに分類されます。