LANとWANとは?

パソコン用語として一番出てくる言葉が LANとWANです。

LANが Local Area Networkの略。WANがWide Area Networkの略。

ネットワークは 網という意味で複数台の機器がある環境のことです。

そのネットワークが Local=狭いのか、Wide=広いのか?という違いになります。

  • LAN・・狭い、限られた場所でのネットワーク
  • WAN・・広い、広域的なネットワーク

LAN

会社や家庭などは LANです。

限られた範囲でのネットワークになります。

ルーターという機器がありその中にパソコンが複数台あります。

LANのなかでデータをやり取りしたり、共有したりします。

またLANは基本的に料金がかかったりしません。

WAN

WANは、ルーターより外側の世界になります。

ルーターより外には 回線事業者やプロバイダの管轄になってきます。

光ファイバーやケーブルテレビ回線なども使われます。

LANとは違い WANは有料になるというのが特徴です。

外側のインターネット=WANと考えていいでしょう。

また遠隔地のLANとLANを結ぶものもWANといいます。

この場合も 回線事業者やプロバイダは必ず使用することになりますので 無料ではありません。

WANのことを広域通信網ともいいます。

LANやWANに欠かせないのがルーター

LANは2台以上の機器がつながって構築されます。

お互いがデータをやり取りするためには ルーターという機器が必要です。

ルーターにつなぐことで IPアドレスが付いて パソコン同士が通信できたりします。

LANとLANをつなぐのも ルーターによって可能となります。

なのでWANもルーターが欠かせない存在なのです。

回線事業者やプロバイダーにも出入口となるところには 必ずルーターがおかれています。

LANの接続形態

LANの接続形態を トポロジーといいます。

トポロジーには、バス型、スター型、リング型があります。

現在LANで使われているトポロジーはスター型といわれるものです。

ルーターやハブを起点として LANケーブルが機器に星形につながっています。

現在ではスター型のトポロジーですが、ルーターやブロードバンドなどが出てくる前は、コンピューターや機器を1本のケーブルから分岐して繋いだり、機器同士をリング状に繋いだりしていました。


LANケーブル

LANを構築するさいに使うのがLANケーブルです。

よく知られているケーブルですね。

「RJ-45」というコネクタの規格です。

ルーターとパソコン、ルーターとハブ、ハブとネットワーク機器など すべてこのLANケーブルを使います。

無線LAN

LANケーブルを使わずに ルーターと無線で接続する方法を無線LANといいます。

ルーターやアクセスポイントが電波を飛ばしており 無線接続できる機能をもつ機器は受信して LANに入ることができます。

ネットワークとは?

LANやWANのことをネットワークともいいます。

社内ネットワークや家庭内ネットワークなど。どちらかというとLANのほうをいいます。

ネットワークと名のつくものには以下のようなものがあります。

ネットワークディスク

LAN接続のハードディスクをネットワークディスクといいます。

LAN内の複数のパソコンからアクセスできます。

ネットワークプリンター

LAN接続のプリンターをネットワークプリンターといいます。

有線LANだけではなく 無線LANでつなぐものもあります。

いずれもネットワーク内の複数のパソコンから印刷したりすることができます。

ネットワーク構築

家庭内や社内のLANを構築すること。

LAN構築、LAN設定、ネットワーク設定ともいいます。

複数のパソコンでファイルを共有したり、ネットワークディスクやネットワークプリンターを導入して使えるように設定することをいいます。

ネットワークエンジニア

LAN、VPN、WAN、各種機器に通じ ネットワークの設計・構築・保守管理を行う技術者のこと。

ネットワークスペシャリスト、CCNA、CCNPなどの資格があります。