リンクとは

リンクとは、インターネットをしていて、あるホームページから他のホームページへ移動できる状態のことです。

linkは、和訳するとつながり、連結するもの、鎖の輪などの意味です。

通常リンクは文字の色が違ったり、下線が引いてあったりします。

例えば ヤフーのTOPページを見てみましょう。

クリックしたら いろいろなページに進むことができます。

これはリンクされているからです。

リンクを貼る・リンクを付ける

ホームページの作成では、リンクというのは重要になってきます。

他のホームページにブラウザで行けるようにリンクを貼る、リンクを付けるということがあります。

ホームページのもとになっている HTMLでは a href アンカーエイチレフというタグを使います。

<a href></a>

具体的にはこのように使います。

<a href="リンク先URL">リンク先名称</a>

こうなります。

<a href="http://www.yahoo.co.jp/">Yahoo!JAPAN</a>

  • a・・アンカー。anchorの略。船の錨 いかりの意味。
  • href・・ハイパーテキストレファレンス。hypertext referenceの略。

リンクのことを ハイパーリンク、ハイパーテキストレファレンスともいいます。

同じ窓か、別窓か

リンクはクリックすると分かるのですが、通常はブラウザの同じタブで移動しますので、ページが変わります。

同じ窓、同一ウィンドウでの移動です。

ただ場合によっては、別窓でリンクを開くこともあります。

クリックすると、ブラウザの新しいタブが開きます。

別窓、新しいウィンドウでの移動です。

HTMLでは 「ターゲットブランク」を使うなどといいます。

<a href="http://www.yahoo.co.jp/" target="_blank" >Yahoo!JAPAN</a>

リンクを右クリック

リンクを右クリックすれば、新しいタブで開く、新しいウィンドウで開くを選べます。

HTMLでターゲットブランクが設定されていなくても 右クリックを使うと別窓で開くことができます。

右クリック

相互リンク

WEBサイト同士で お互いリンクを張り合うこと。

通常はメールなどで 相互リンクしたいWEBサイトにコンタクトを取り、打診します。

一昔前によく行われていましたが、現在は 相互リンクはそれほど行われていません。

Officeのハイパーリンク

Microsoft OfficeのWord・Excel・Accessにある機能です。

リンクではなく ハイパーリンクという言葉が使われます。

ハイパーリンク

HTMLのリンクとほとんど同じです。ドキュメント内の箇所やホームページにリンクを設定して、クリックすればジャンプしたり、ブラウザでページが開いたりします。