ハブとは?

交通の要所や道路・路線の集まるところを、ハブ、ハブ機能ということがあります。

ハブとは、ネットワークのケーブルが集まり、分岐があるところです。

複数台のパソコンを接続しネットワークをつくるときに使います。

一般に使われるハブはスイッチングハブと呼ばれるものです。

またUSBポートがたりないときに分岐するものをUSBハブと呼びます。ハブとは、分岐する機器と覚えておくといいでしょう。

ルーターとハブの違い

ルーターとハブは、性能や役割が異なります。

ルーターは、IPアドレスを持っています。

そしてルーターが起点となってネットワーク内のすべての機器にIPアドレスを振り分けを行います。またログインしてインターネットの設定なども行うことができます。プログラムが内蔵されている多機能な機器です。

それに対してハブは、LANを分岐するという役割があります。スイッチングハブという一般的に市販されているハブにはIPアドレスはありませんし、ログインして何か設定するわけでもありません。

ルーターはIPアドレス、ハブはMACアドレスで通信しています。

ハブはLANを分岐するという、ネットワーク内でルーターを補完する役割があると考えればいいでしょう。

ルーター→ハブ

インターネットに接続するにはルーターが必要です。ルーター→ハブ→PCとつなぐことで複数のパソコンでインターネットに接続することができます。

ですから例えばモデムがルーター機能を内蔵しているならば、ルーター内蔵モデム→ハブ→PCとつなぐことで複数台同時にインターネットの利用が可能です。

ルーター機能のないモデム→ハブ→PCでは同時にインターネットは利用できません。

LAN内で使われるハブ。電源を入れて使用します。

ハブ

ルーターとつなぐことで、ポート数を増やすことができます。ハブの空いているポートにネットワーク内のパソコンや機器をつなぐことができます。

ルーターとの接続

一般的に使用されるハブ(スイッチングハブ)は、IPアドレスを持ちません。

管理画面に入ったり 設定を行うということはありません。

インテリジェントハブとよばれるものは、管理用にIPアドレスを持つことがあります。インテリジェントハブは主に大規模なネットワークなどで使用されます。

ポート数

ハブには、5ポート、8ポート、12ポートなど差込口の数が違うものがあります。

単純に接続したいパソコンやネットワーク機器の数に応じて選択します。一般的に家庭用では5~8ポート、事業所用では8~12ポートなどが多くなっています。


関連情報