ヘッダーとフッターとは?

わざわざ解説するほどのことでもないのですが、

パソコンを使い始めた人や初心者の人には よく意味が分からない用語に感じられるかもしれません。

IT用語としては しばしば出てくる言葉です。

簡単に説明するとこうなります。

ヘッダーとフッター

  • ヘッダー・・head、頭の部分、つまり上
  • フッター・・foot、足の部分、つまり下

Word・Excel

WordやExcelなどでは 必ずヘッダーやフッターという言葉・機能が出てきます。

Wordでいいますと、

文書の上部や下部に テキストなどを表示する領域を指します。

挿入→ヘッダーとフッダーから 編集することができます。

Wordのヘッダー

通常の本文より上の領域・下の領域がヘッダーやフッターになります。

作成者や文書の名前・タイトル、ページ番号などをよく入力します。

ホームページ・HTML

ホームページやその元となっているHTMLでもヘッダーやフッターという言葉が使われます。

単純にWEBページでは、サイトのロゴ画面・画像・タイトルがある領域がヘッダーです。

通常の本文コンテンツより 上にある領域です。

ページ上部にある目立つロゴや画像をヘッダーロゴ、ヘッダー画像といいます。

ホームページの元になっている HTMLでは <head>~</head>の部分をヘッダーといいます。

そのWEBページの文字コードやCSSの参照、metaタグなど基本的な情報などが書き込まれる箇所です。

ではフッターは?といいますと、

ホームページではページ下部の Copyrightやリンクが表示されている 本文コンテンツより下の領域です。

会社のホームページなどでは 利用規約や会社概要などのリンクがよくおかれます。

パケット

パソコンやデジタル機器の通信では パケットという単位で分割されてデータの送受信が行われます。

このパケットにも ヘッダーという言葉が出てきます。

正確には 「ヘッダ」といいます。

パケットの先頭にあるのでヘッダ、IPヘッダとよばれます。

Wordのヘッダー

IPヘッダには 宛先IPアドレス、送信元IPアドレスなど様々な情報が格納されています。

ちなみにパケットには フッターというのはありません。

トップとボトム

ヘッダーとフッターに似たような言葉として、トップとボトムがあります。

トップが一番上、ボトムが一番下・底です。

ファッションでは 必ず使われる言葉ですが、ITでもしばしば使われることはあります。

例えば ホームページ作成の言語であるHTML・CSSでは、topやbottomという単語で数値を指定して上方向、下方向のレイアウトを調整したりします。

また考え方や方法論のひとつとして、トップダウン(上から下へ)、ボトムアップ(下から上へ)という言葉も出てくることがあります。

ヘッダーやフッターが 領域を表すのに対し、トップとボトムは地点を表すという感じです。