ECとは電子商取引のこと

ECは、Electronic Commerceの略で、ECのことを e-コマースともいいます。

電子商取引、電子的な取引のことです。

経済産業省では ECを「インターネット技術を利用した電子的媒体を通して行う取引」と定義しています。

  • 電子商取引・・インターネットや電子データを使う取引

身近なところにあるEC

ECは 身近なところにたくさん見つけることができます。

形態別に BtoBやBtoCなどと言われますが、

それぞれの頭文字をとっています。

  • B・・Bussiness 企業・会社
  • C・・Consumer 一般消費者・個人
  • G・・Goverment 自治体・行政
  • E・・Employee 企業の従業員

BtoB

企業と企業の取引。

通常のビジネス・取引をECで行っているものです。

BtoC

企業と個人の取引。

通販サイト、インターネットバンキングなどがあります。

CtoC

個人と個人の取引。

代表的なものに ネットオークションがあります。

BtoE

企業と従業員の取引。

あまり見ることはありませんが、企業が従業員にインターネットで割引や特典のあるサービスを提供したりします。

GtoB

自治体・行政と企業の取引。

電子入札などがあります。

GtoC

自治体・行政と個人の取引。

e-TAX(確定申告)や住民票などの電子申請など。

ECサイト

ECサイトとは、インターネット上で製品やサービスを提供するサイトのこと。

BtoC市場でみられます。

集客、販売、決済をWEBサイト上で完結するのが特徴。

通販サイトというのは、まず実店舗があって通販サイトも運営しているのか?あるいは 窓口がホームページ上のみなのか?に分かれます。

ECサイトというときは、どちらかというと後者の「ホームページ上でのみサービスを提供」するものを指します。

ネットバンクやカード

BtoCやCtoCでは、直接相手に現金で決済することはありませんので、 ネットバンクやカード、電子マネーがよく使われるようになっています。

ECの普及で ネットバンクやカードを持つ人が増えたといえるでしょう。

カードには、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードなどがあります。