ドライバとは

ドライバとは、内蔵のデバイス、周辺機器を使用できるようにするソフトウェアのこと。動作させるためのファイル。デバイスドライバともいいます。

一部のの周辺機器は、購入後パソコンにケーブルを繋いでも動作させることができないことがあります。

ドライバが必要となります。

OSとハードウェアの橋渡し

ドライバは、OSであるWindowsと機器の橋渡しをする役割があります。

ハードウェアにOSをインストールした直後や周辺機器を増設した後。いくつかのデバイスは動作させることができない状態です。

OSインストール直後

ドライバをインストール。橋渡し・潤滑油のような役目があります。

ドライバインストール

OS標準ドライバ

マウスやキーボード、USBメモリなどよく使われる機器では、ユーザー側で ドライバをインストールする必要がないものもあります。

WindowsのなかにOS標準ドライバが入っているからです。

ケーブルを差し込むだけですぐ使えるので この仕組みをプラグアンドプレイともいいます。

周辺機器に「プラグアンドプレイ対応」とある場合 そのままパソコンに繋いで使うことができます。

ドライバディスク

ドライバが入っているCD-ROMのこと。

プリンターや自作パソコンのマザーボードや拡張カードには 必ず付いています。

ドライバの他に添付のソフトも ディスクの中に入っていることがあります。

ドライバ更新

ドライバアップデートともいいます。

後から不具合や機能の追加があるときに 更新ファイルがメーカーから提供されます。

メーカー製パソコンでは、タスクトレイにメッセージが出て更新できることがあります。

また更新ファイルがあるかどうか、ホームページで確認できることがほとんどです。

公開されているドライバ

中古などでプリンターやディスプレイを繋いで、ドライバディスクがないときはメーカーのホームページに行きましょう。

たいていドライバが公開されており、ユーザーが自由にダウンロードできるようになっています。

ドライバは、パソコンや周辺機器のメーカーがホームページ上で型番ごとに公開されています。

ドライバが正しくインストールされているかどうかは、デバイスマネジャにて確認できます。