パソコン操作 基本中の基本

ドラッグとドロップは、最も代表的なマウス操作のひとつです。

和訳するとドラッグ(drag)は引きずる、引きずって行く、ドロップ(drop)は落とす、下におくという意味になります。

ドラッグとは、マウスの左側のボタンを押したまま マウスを移動させることです。

これをアイコンやファイル上で行うと、それをつかんで好きな場所に移動させることができます。そして目的の場所に着いたら押さえていた左側のボタンを離します。

するとつかんでいたアイコンなどがそこに落ちます。これがドロップです。

ドラッグ&ドロップとは、掴んだものを引きずって行き、目的の場所で落とすということです。

ドラッグ&ドロップの応用が、コピー&ペーストになります。

移動やコピー

ドラッグ。マウスの左側ボタンを押したまま移動させます。アイコンは等間隔整列の時。

ドラッグ

ドロップ。マウスの左側ボタンを離します。

ドロップ

フォルダにファイルを移動させたり、コピーさせる時にもよく使います。

フォルダ

スタートメニュー→すべてのプログラムからよく使うプログラムをタスクバーにドラッグ。

プログラム

タスクバーに登録されます。

タスクバーに登録

例えば 写真をペイントで開きたいときに、写真をドラッグしてペイントのショートカットまでもってきます。

写真

離すと 写真がペイントで開きます。

ファイルを特定のプログラムで開きたいときに使います。

ペイント

ブラウザに2つタブが開いているとします。

ブラウザ

タブをドラッグします。

タブ

離すと2つのウィンドウに切り替わります。

ウィンドウ

このようにドラッグ&ドロップは、あらゆる場面で使います。

右クリック

マウスの右クリックをしたまま、ドラッグさせることもできます。

右クリックでドラッグ

右クリックを離した瞬間 コピーや移動などのメニューが出ます。

右クリック離す

ドライブ間でコピーではなく移動させたいなどに、右クリックを使うことがあります。