デュアルシステムとデュプレックスシステムとは

システムは、障害が発生しても運用できるように システムが二重化されていることがほとんどです。

システムの多くは、障害発生に備え予備や待機のある系統のあるデュアルシステムやデュプレックスシステムなどで運用されています。

  • デュアルシステム・・・2系統で同一処理。結果を照合。
  • デュプレックスシステム・・・1系統で処理。もう1系統は待機。

デュアルシステム

2系統、2つのシステムで同じ処理を行い、処理結果を照合する仕組み。

デュアルシステム

1系統が故障しても、もう一つで処理を行うので障害が発生しても影響はありません。

ハードディスクのミラーリングであるRAID1と概念は似ています。

一般的に導入のコストは高くなります。

デュプレックスシステム

普段処理している方を主系、もう一方を従系といいます。

デュアルシステム

従系は、主系のトラブルに備え待機しています。

障害が発生したら主系から従系に切り替わります。

従系の待機方法によってホットスタンバイとコールドスタンバイとに分かれます。

ホットスタンバイ

電源が入っており処理に必要なプログラムが起動し 障害発生時速やかに稼働できる。

コールドスタンバイ

電源がOFFだったり 別の処理で使われており、障害発生時に稼働までやや時間がかかる。