デバイスマネージャとは

デバイスマネージャとは、デバイス(パソコンを構成している部品やディスプレイ、プリンターなどの周辺機器)をマネージ(管理)するところです。

デバイスが正常にパソコンに認識されているかどうか確認したり、ドライバのインストールを行ったりします。

パソコンの周辺機器が正常に動作しない、音が出ないなどのトラブルの場合は、このデバイスマネージャで原因を特定し解決できることもあります。

パソコンのトラブルを自分で解決できず、メーカーなどに電話したときも、「デバイスマネージャを開いてください」ということはよくいわれます。

デバイスマネージャの開き方

マイコンピュータ右クリック→プロパティ。もしくはコントロールパネル→システム。

Windows 7

デバイスマネジャーをクリック。

デバイスマネジャー

デバイスの一覧が表示されます。

デバイスの一覧

デバイスマネージャーでは パソコンの光学ドライブ、ハードディスクやグラフィック機能などスペックを調べることもできます。

型番なども表示されます。

よく使われる箇所としては下記のようなものがあります。

  • DVD/CD-ROMドライブ・・・光学ドライブの種類・型番など
  • ディスクドライブ・・・ハードディスクの種類・型番など
  • グラフィックアダプター・・・グラフィック機能・型番など
  • ネットワークアダプター・・・有線LAN、無線LANアダプターの型番など

使われている機器のドライバのバージョンを調べたりすることもできます。

ドライバが正常にインストールされているかどうか?

デバイスの一覧のなかに!マークや?マークが付いているものがあるとそのデバイスはパソコンに正常にインストールされておらず、トラブルが起きていることになります。

パソコンにトラブルが起きると、デバイスマネージャの一覧の中で!マークや?マークが付いていないか確認します。

周辺機器のインストールなどがうまくいかなかった場合も確認することで、インストールが成功したかどうか分かります。