CCとBCCとは

メールの送信では 「to」をよく使います。

Windows live MailやOutlookでは 宛先をクリックすれば to になります。

複数の宛先に送信するときも 宛先で複数選択すれば送信できます。

メールを受け取った側からすると、to で複数の宛先に送信されていた場合、誰と誰に送信したかはわかるようになっています。

では to の下にある 「CC」や「BCC」はどういう時に使うかといいますと、

  • CC・・・「参考に見てほしい」宛先に送る
  • BCC・・・複数の宛先に一斉送信、受信者には表示されない

CC

CCは、カーボンコピーの略。

複写された文書、正本と副本という意味で、CCは副本と考えればいいでしょう。

つまり 本当の宛先は to に対してで、CCに対しては 「toにはこのように送信したので 参考に見てください」 ということになります。

to の受信者にも CCの受信者にも お互いのメールアドレスは表示されます。

CCは ビジネス向けでよく使われます。

例えば Aさんが 取引先のBさんに to でメールを送信するとします。

また CCでAさんの上司のCさんにもメールします。

受信したBさんからすると「なるほど上司にも話は通しているのだな」というのが分かり、上司のCさんからすると「取引先にメールを送ったんだな」というのが分かります。

CCを使うことで、報告または証人になってもらうというようなニュアンスになります。

また CCで受け取った人は、あくまで参考にメールを受信しているので 返信する必要はありません。

BCC

BCCは、ブラインド・カーボン・コピーの略。

複写・コピーを使うが、宛先は隠すという意味合いです。

これもやはりビジネスシーンでよく使われます。

例えば Aさんが取引先5社に 案内のメールを送信するとします。

一般的に考えて toで複数送信して 他の会社の宛先・メールアドレスを見せるというのはよくありません。

他の宛先は 見えないようにするべきです。

そこで to ではなく BCCを使えば 受信者に他の宛先やメールアドレスを見られることなく送信することができます。

また上司にも送信してメールアドレスは見えないようにしたいなら 同じく BCCで送信します。

メールマガジンで使うのも BCCになります。

同報メールとは

同じ内容のメールを 複数の宛先に送信することを 同報メールといいます。

CCやBCCも同報メールです。

ただ最近では 同報メールといえば、「同報メールの機能」があるソフトを指すことが多くなっています。

メールマガジンやメールを使ったビジネス用途のやり取りが増えてきたためです。

たとえば 宛先に応じて 本文の一部を差し替えたい・編集したいということがあります。

「~様」という箇所を メールアドレスごとに書き換えたりするわけです。

メールソフトでは こういう作業は手作業で行わなければなりませんが、「同報メールの機能」があるソフトを使うと 宛先や本文の一部を書き換えたり、属性を絞ってメールを送信したりということが可能であったりします。

メーリングリストとは

メーリングリストは、サークルや同業者間など意見交換やコミュニケーションツールとして使われています。

そのメーリングリストを管理している人や団体というのがあるのが一般的です。

メーリングリストに参加すると、ひとつのアドレス宛に送信したメールが メーリングリストに参加しているすべての人に届きます。その中で誰かがメールを送信すれば 自分にもメールが届きます。