ナローバンドとブロードバンドとは?

ナローバンドは narrowband、ブロードバンドは broadband

narroは 狭い・細い 、broadは 広い、bandは帯という意味です。

インターネット回線の種類をいうときに使われます。

  • ナローバンド・・狭い・細いインターネット回線
  • ブロードバンド・・広いインターネット回線

ナローバンド

具体的にいいますと、

ナローバンドは、電話回線、ISDN回線(電話回線)を利用した低速なインターネット接続のことです。

一度に送受信できるデータ量が少なく速度は非常に遅いのが特徴です。

分かりやすく例えると1車線の道路。

普段でもインターネットにつながりにくく遅いのに、利用者の多い時間帯などはさらにひどくなります。

ナローバンドではほとんど従量制の料金体系です。

ダイアルアップ接続

パソコンに電話線を接続してインターネットに繋ぎます。

現在ではほとんど使われていません。

ISDN

既存の電話回線を電話用とインターネット用に分けて 同時に使用できます。

TA(ターミナルアダプタ)という機器を使います。

ブロードバンド回線のない一部の地域や、業務上の理由などで ISDN回線はまだ使われています。

NTTのフレッツISDNという定額制のサービスもあります

ブロードバンド

ブロードバンドは、光ファイバー、CATV、ADSLなどに代表される高速で定額制のインターネット接続のことです。

現在主流のインターネット回線です。

分かりやすく例えると 車線の多い道路、専用の高速道路。

好きなときにどれだけインターネットを利用しても料金は定額制でスピードも速いので、現在ブロードバンドは幅広く普及しています。

ADSLは 電話回線の高周波数帯域を利用し高速な通信を実現しています。

光回線

光ファイバーを使ったサービス。FTTH(Fiber To The Home)ともいいます。

高速で安定した通信ができ インターネットの他、電話やテレビなども利用できます。

NTT東西、KDDI、電力会社などが提供しています。

CATV

光ファイバーや同軸ケーブル、ケーブルテレビ用の回線を使ったサービス。

インターネットの他、電話やテレビも利用できます。

国内では J-COMが最大手、全国各地のケーブルテレビ局が提供しています。

ADSL

電話回線の高周波数帯域をインターネット用に活用したサービス。

既存の電話はそのまま利用でき、同時に使用できます。

上りより下りのほうが速度が速い傾向があり、電話基地局からの距離にやや影響を受けます。(下りは基地局→利用者)

ADSLでは スプリッタとADSLモデムという機器を使います。。

スプリッタは 高周波数帯域のデータ信号と低周波数帯域の電話信号を分け、モデムはアナログ信号とデジタル信号を変換します。

Wimax・LTE

WimaxやLTEは 高速の無線インターネットサービスです。

LTEはスマートフォンのデータ通信でも使われている回線です。

WimaxはKDDI、LTEは携帯電話各社が提供しています。


関連情報