バッチ処理とリアルタイム処理の違い

パソコンやシステムで使われる言葉に、バッチ処理とリアルタイム処理があります。

コンピューターやシステムの処理方法をいうときに使われます。

バッチ batchは、群れ、束という意味。

  • バッチ処理・・データをまとめて処理する、一括して処理すること。
  • リアルタイム処理・・即時にデータを処理すること。

バッチ処理

バッチ batchは、群れ、束という意味ですから、データをまとめて一括して処理するということです。

事業所における給与計算、振込・請求処理、集計、銀行の時間外にあった振込や給与振込など。

会社によっては日次、月次の処理を夜間や早朝など空いた時間、コンピューターの負荷の少ない時間を活用して行うことがあります。

オンラインでサービスを提供している会社のホームページでメンテナンス中、処理中となっている場合は バッチ処理が行われていることがあります。

またパソコンやソフトウェアで複数の画像に対して まとめて同じ処理をおこなうことも バッチ、バッチ処理ということがあります。

バッチファイルというものもあります。拡張子が .bat となっているものです。

このファイルは、一連のプログラム・命令がまとめて記述されており、例えば右クリックして実行とすると、プログラムが実行されるようになっています。まれに ソフトウェアのインストール作業などで、.batのファイルを右クリックして実行することがあります。

リアルタイム処理

端末から入力されたデータ・発生したデータを、即時にコンピューターで処理することをリアルタイム処理といいます。

銀行のATM、ネットバンキング、列車予約、カード決済など。

基本的にオンラインで行われるので オンラインリアルタイム処理、オンライントランザクション処理といいます。