Windows 8のバージョンアップ版 8.1

Windows 8は バッジョンアップ版として8.1があります。

Windows 8登場後 しばらくしてリリースされたもので Windows8のセキュリティ向上や機能の追加が行われています。

一番わかり易い違いは スタートボタンの追加です。

Windows8には デスクトップ画面でスタートボタンが表示されていないのですが、8.1では左下にスタートボタンが追加されています。

今使用している Windows 8系で デスクトップ画面の左下にスタートボタンがないなら Windows 8、スタートボタンがあるなら Windows 8.1となります。

もしスタートボタンがないなら Windows 8なので 8.1にアップデートすることができます。

8から8.1へのアップデートは 無償で提供されています。


準備と注意点

アップデートは 基本的に簡単なのですが、できるだけ現時点で公開・通知されている Windowsのアップデートはすべて適用させておきます。また各PCメーカーのホームページに 機種ごとの注意点などが記載されていることもありますので確認はしておいたほうがいいでしょう。

念のため 特に重要なデータのバックアップ・一時退避などは行っていたほうが無難です。

アップデート方法

スタート画面のストアからアップデートできます。ここでは左下デスクトップの右側の緑のタイル。

「無料で Windows 8.1に更新」とあります。

スタート画面

ストアの画面。「Windows8.1に更新」を選びます。

ストア

ダウンロードをクリック。

ダウンロード

ダウンロードとインストールは それなりに時間がかかります。

そのまま何も扱わずに待ちます。

インストール

インストールはほぼ自動で行われ 更新が終わると 8から8.1への更新は終わりです。

更新終わり

8.1になると 左下にスタートボタンが追加されます。

スタートボタンの追加

システム情報を確認すると 8.1になっています。

システム情報