Windows 7のアップデート

Windows 7のアップデートは ほとんどWindows Vistaと同じです。

デスクトップのコントロールパネルアイコン、もしくはスタートメニュー→コントロールパネルへ。

スタートメニュー

Windows Updateをクリック。

Windows Update

この画面で現在インストールできる更新プログラムがないか、また更新プログラムの確認や設定の変更ができます。「重要な更新プログラム」はできるだけ適用させたほうがいいでしょう。

重要な更新プログラム

更新プログラムの確認で 重要な更新プログラムがないかどうか確認ができます。

更新プログラムの確認

Windows 7では 更新プログラムを自動的に更新するが推奨となります。更新間隔・日時を設定できます。

他の項目は適宜 チェックを入れます。

更新の設定

Windows 7では、更新プログラムを自動的に更新するにしておけば 特に問題ないでしょう。

場合によっては 更新プログラムがシャットダウン時にインストールされたり、再起動のメッセージが出ることがあります。

推奨される更新プログラムと重要な更新プログラムとがありますが、最低限 重要な更新プログラムは更新するように設定します。

パソコンを初期化・リカバリーすると 購入時のWindows 7になりますので アップデートはかなりの数があります。

Windows 7 SP1未適用の時期に発売されているパソコンでは、リカバリー後にWindows UpdateでSP1(サービスパック)を適用することができます。

シャットダウン時の更新や再起動など 時間がかかるときもありますので 電源を強制的に切ったりせずに待つようにしましょう。