XP 自動更新の設定

Windows Updateは、XPの場合月に1回更新プログラムが配布されています。

更新プログラムがあるとユーザーのパソコンに通知したり、パソコンを立ち上げると自動で更新プログラムのダウンロードとインストールを開始することもあります。

自動更新の設定をしていると毎回マイクロソフトへアクセスして更新をチェックしたりする必要はなくなるので、スムーズに更新を行うことができます。

自動更新が設定されているかどうか分からないという場合は、下記の方法で確認します。

設定方法

左下スタートメニュー→コントロールパネル

左下スタート

セキュリティーセンターを選択。

セキュリティーセンター

自動更新という項目が、無効になっていたら設定しておきます。有効および設定を確認してくださいの場合は、基本的にOKですが、どういう設定になっているか把握します。下の自動更新をクリック。

自動更新

推奨は1番上ですが、2番目の「更新は自動的にダウンロードするが、インストールは手動で実行する」というのも使いやすいかと思います。これは更新プログラムのインストールの準備が整うと、タスクトレイからメッセージが出て通知してくれます。(Windows Update 自動更新設定後のメッセージ)自動更新の設定が終わったら、適用→OKで閉じます。

設定