OSのバージョン

OSには、サービスパック(SP)というのがあります。

サービスパックとは、Windowsのアップデートのたくさんのファイルをひとつにまとめた(パック)ものをいいます。

このサービスパックのインストールが行われているか、適用されているどうかは、そのOSのサービスパックを調べるとすぐに知ることができます。

Windows XPでも、SP2とかSP3とかあるのです。

OSのバージョンと考えていいでしょう。現在のOSごとの最新のサービスパックは、XPがSP3、VistaがSP2、Windows 7がSP1となっています。

Windows 8は サービスパックという言い方はしませんが、アップデート版は Windows 8.1になります。

サービスパックは常に最新の状態で使用することが推奨されています

サービスパックを適用することで、パソコンのコピー速度や動作速度が改善するということもあります。

また最新ではないサービスパックでは、いろいろと不具合が起きたり、ソフトがインストールできないということもあるのです。

ですからOSのサービスパックは常に最新のものにするように心がけます。

Windows Updateで、最新のサービスパックをダウンロード・インストールすることができます。


調べ方

自分のパソコンのOSのサービスパックは、マイコンピュータ→右クリックプロパティで簡単に調べることができます。XPでは、SP1、SP2、SP3があり、最新はSP3です。

XP

Vista、7もマイコンピュータ→右クリックプロパティ。最新のサービスパックは Vista SP2。7 SP1。

Vista

Windows 8では Windows 8.1が最新のバージョンになります。