BIOSアップデートとは

マザーボード上のROMに書き込まれているプログラムは BIOSといいます。

BIOSにもアップデートはあります。

BIOSアップデートをしたほうがいいのか?と疑問に思われるかもしれませんが、不具合の修正や機能の追加などは、BIOSのアップデートでも例外ではありません。

他のアップデートと同様に考える必要があります。

アップデートを公開したメーカーも基本的に推奨の立場です。

例えば実際の例では、ノートパソコンのバッテリーが充電されないトラブルがあり、それを解決するためのBIOSアップデートというのもあります。

具体的にどういう不具合の修正・機能の追加があるかは BIOSアップデートファイルをダウンロードするメーカーサイトで記載されています。

自作パソコン

自作パソコン自作パソコンでは BIOSアップデートは一般的によく知られています。

BIOSアップデートしなければ 新しいCPUに対応できないという現実的な問題が生じることもあるためです。


更新ファイルも定期的に公開されることが多いといえます。

マザーボードメーカーであるASUSやギガバイトなどのサイトで アップデート用のソフトウェアとBIOS更新ファイルをダウンロードして行います。

メーカー製パソコン

メーカー製パソコン メーカー製パソコンでは 各メーカー各機種によって BIOSアップデートがある場合もあれば、ない場合もあります。

すべてのパソコンでBIOSアップデートがあるわけではありません。


もしBIOSのアップデートがある場合は その更新ファイルの内容などが記載されていることがあるので確認はしておいたほうがいいでしょう。

時として 緊急性・重要性の高いBIOS更新ファイルもあります。

適用することで トラブルが回避されたり 未然に予防できたりすることもあります。

メーカーサイトで アップデート用のソフトウェアとBIOS更新ファイルをダウンロードして行います。もしくはアップデート用のソフトウェアとBIOS更新ファイルが一緒になっていることもあります。

基本はWindows上で行う

どのようにBIOSアップデートを行うか?ということですが、最近のパソコンでは ほぼWindows上で行えるようになっています。

BIOSアップデート用のソフトウェアとBIOSの更新をファイルをダウンロードして行います。

アップデート用のソフトウェアの指示に従って進めていくだけなので それほど難しい作業ではありません。

パソコンが再起動して 再起動時にBIOSの更新、ファイルの書き換えが行われることもあります。メーカーによっては更新中にビープ音が断続的に鳴ることもあります。

ソフトウェアのウィザードに従う、BIOSの更新が終わるまでパソコンをむやみに扱わないなどが注意点です。

失敗事例は非常に少ないのですが、万が一 アップデートに失敗した場合は、パソコンが起動しない、電源を入れてもロゴが表示されないなどの問題が出てきますので、他のソフトウェアのアップデートとは違いややリスクを伴います。

自己責任に近い形になりますので 指示に従って慎重に行う必要はあります。