使用頻度の高いAdobeのソフト

パソコンを使う上で欠かせない主要なアプリケーションに、Adobe社が提供するソフトウェアがあります。

Adobe Flash Player、Shockwave Player、Adobe Readerがそれです。

Adobe Flash PlayerShockwave Playerは、インターネット上の動画やフラッシュ、アニメーションを見るのに欠かせないソフトウェアです。

またパソコンでPDFファイルを閲覧するときに、Adobe Readerがインストールされていなければファイルを開くことができません。

これらAdobe社の提供するソフトウェアは、無料で入手できます。

パソコンには出荷時の時点ですでにインストールされていることがほとんどです。

Adobeのソフトウェアは Windows OSと同じようにしばしば脆弱性が見つかることがあります。常に最新の状態にアップデートして使用するのが望ましいといえます。

アップデートの内容は主にセキュリティ強化、利便性・機能性の追加などです。

パソコンを初期化(リカバリー)した際などもパソコン購入時のWindowsに戻るわけですが、追加インストールされているAdobeのソフトウェアも当時の状態(古いバージョン)に戻ります。そのためパソコンを快適に安全に使用することを考えるなら、Windwosアップデートと同様にAdobeのアップデートも行っておいたほうがいいでしょう。


アップデート方法

1.Adobe Flash PlayerとShockwave Player
Adobeのサイトへ行けば、ダウンロードとインストールは自動で簡単に行うことができます。Adobe Flash PlayerとShockwave Playerはそのままインストールが可能です。

途中、McAfee Security Scan PlusやGoogle Toolbarなどのおまけソフトの追加インストールにチャックが入っていることがありますが、これらは特に理由がない限り外しておいたほうがいいでしょう。

  1. Adobeへ
  2. Adobe Flash PlayerとShockwave Playerのバナーをそれぞれクリック
  3. ウィザードに従いダウンロードとインストール

2.Adobe Reader
Adobe Readerもそのままインストールは可能ですが、事前にプログラムの追加と削除で古いバージョンのAdobe Readerをアンインストール→再起動させておくこともできます。

  1. プログラムの追加と削除で古いバージョンのAdobe Readerをアンインストール→再起動
  2. Adobeへ
  3. Adobe Readerのバナーをクリック
  4. ウィザードに従いダウンロードとインストール

動画