光学ドライブが開かないときの対処法

光学ドライブを使おうと思ったら開かない、CDやDVDを取り出そうと思ったら開かないということがあります。

このトラブルは 年数が経ったパソコンでしばしば起きます。原因は、長く使ったことによる光学ドライブのケースの劣化やずれが考えられます。

他にはパソコンの熱による変形や内蔵されているファームウェアの不具合、故障などです。

デスクトップパソコン

デスクトップパソコンでは、光学ドライブにわずかな穴が確認できます。

これはドライブが開かなくなった時に強制イジェクトできるようなっています。

デスクトップパソコン

パソコンの電源は一度切り、クリップなどをここにさしこみます。少し押す感じです。

クリップ

このようにドライブが出てきます。

ドライブが出てくる

ドライブを開けることができます。

ドライブを開ける

ノートパソコン

ノートパソコンでも同様です。

ノートパソコン

同じようにクリップなどをここにさしこみます。ドライブが少し出てきます。

クリップ

ドライブを開けることができます。

ドライブを開ける

注意点としては、CDやDVDなどが入っていて回転しているときは行わないようにします。パソコンの電源をOFFにした状態で行います。

ディスクが高速回転しているときに強制イジェクトすると、開かなくなったりディスクに傷が付くことがあります。

またクリップはドライブに対して、平行に入れる感じになります。少し角度が付いていたりすると ロックがうまく解除できずドライブがなかなか開かないときがあります。

なお、この作業は「つまようじ」ではできません。クリップが一番いいようです。