画面表示のトラブル

パソコンの電源を入れても、液晶ディスプレイ・モニターに何も映らないということがあります。

このトラブルは、パソコンが起動しているが映らない、そもそも起動自体していないので映らないという2つに大別されます。

このページでは、液晶ディスプレイ・モニターの故障の事例や症状について紹介しています。

入力切替

最近の液晶ディスプレイには入力切替のボタンが付いていることがほとんどです。

画面に何も映らずに NO SIGNALとなる場合は、入力切替ボタンで適切になっているかどうか確認するようにします。

信号なし 入力切替は、VGA、DVI、HDMIなどがあります。

パソコンとディスプレイの接続がVGAならVGAやRGBに、DVIならDVI、HDMIならHDMIにします。稀に入力切替がずれているため映っていないということもあります。

起動

パソコンが起動しているかどうかは確認すべき項目です。

起動しているかどうかは、HDDアクセスランプが点滅している、HDDのシーク音、Windowsの起動音、BIOSの正常起動音の有無などから類推することができます。

起動しているが、画面が映らないという場合は、液晶ディスプレイの配線や電源の状態を確認します。必要に応じてディスプレイケーブルを再度接続、パソコンを再起動などして検証します。

画面は表示されていないのですが、ユーザーログイン画面で、パスワードを設定しているのなら、キーボード操作でパスワードを入力し Enterキーを押します。

画面が映らない状態からシャットダウンする際は、パソコンの電源ボタンを一度押すと、正常なシャットダウン処理が行われるようになっています。

パソコンの電源を入れて、ファンの音だけして起動しないということがあります。この場合 液晶ディスプレイの問題というよりも、パソコンが起動しないというトラブルになります。

このトラブルは、液晶ディスプレイの故障を検証するというよりも、まず起動を回復させる方法を試す必要があります。

グラフィックボード

もし、グラフィックボードが増設されているようなパソコンであるなら、グラフィックボードを外して、マザーボードのオンボードグラフィックと液晶ディスプレイの接続を試してみる必要はあります。

グラフィックボードのドライバの不具合、高負荷・高温度による異常停止などにより、画面表示がされなくなることもあります。

しばらく時間をおいて起動させて、ドライバの更新を行ったり、内部の簡易的なクリーニング、セーフモードでの検証を行う必要があります。

グラフィックボードの不具合で画面表示がされないということがあり、液晶ディスプレイの故障ではないこともあります。

他のディスプレイ

ディスプレイのケーブルや電源ボタンの確認を行っても、画面が映らない場合は、液晶ディスプレイの故障の可能性は高くなります。

事業所などで、VGAやDVI、HDMIなど同じインターフェースをもつディスプレイがあるなら、ディスプレイを一時的に差し替えて検証することができます。もし、差し替えて繋いだディスプレイで画面表示されるのであれば、もともとのディスプレイの故障はほぼ確定であることになります。

ノートパソコンも構造的には本体と液晶ディスプレイ部分に分かれています。

デスクトップパソコンで使う液晶ディスプレイと同じく、液晶ディスプレイ部分の故障があります。画面が暗くなるという特有のトラブルです。

液晶ディスプレイのバックライトの不具合や故障になります。修理や交換が必要です。この場合も、ノートパソコンに外部ディスプレイを接続すると、ディスプレイの故障かどうかは判断できることがあります。

症状

パソコンと連動しない

パソコンの電源を入れると、VGAやDVIなどのパソコンの映像出力から信号が流れ、それを液晶ディスプレイが感知して画面がONになり、表示が行われます。

ところが、液晶ディスプレイが故障すると、電源がONにならずパソコンに連動しないということがあります。

液晶ディスプレイの電源ボタンが効かないということがあり、故障を判断できることがあるということです。

電源ON 電源ボタンをONにすると ランプが点灯します。メーカーによって異なりますが、青や緑の点灯になります。

前兆

グラフィックボードの故障の場合は、どちらかというと画面に縦線・縞模様が出たり、一度映らなくなったら次回以降全く映らないという傾向が強く、比較的はっきりした症状が出ることがあります。

液晶ディスプレイでは、パソコンと連動したりしなかったり、映ったり映らなかったり、画面が明るくなったり暗くなったりなど、故障する前に電気的なトラブルと思わせる症状が出ることがあります。


関連情報<