BIOSの電池切れ

パソコンのデスクトップ画面の右下タスクトレイには、現在の日時が表示されています。この日時がずれるというトラブルがあります。

日時の調整は、Windowsの時刻表示で調整する方法とBIOSで調整する方法とがあります。

しかし、Windows上で調整しても、日時がずれるということがあります。この場合、マザーボード上の電池が切れていることが考えられます。

調整

日時の調整はWinodowsで行う方法とBIOSで行う方法があります。

電池Windowsでの調整。

日付と時刻の設定の変更から行います。


インターネットの時刻を管理するサーバーと同期させることができます。

BIOSBIOSでの時刻調整。

主にキーボードを使い操作します。


概ね、ほとんどのパソコンでどちらから設定を行っても、日時は調整されます。

Windows上で調整を行った場合、BIOSにも反映されるため、基本的な調整は Windows上で行うことになります。

しかし、BIOSの電池が切れていると日時・時刻の調整が初期値になるため、次回Windows起動時にずれるということがあります。

電池が切れそうなときや、切れかかっているときは、パソコンによっては、電源をONにしたあと 英語で Low Battetybattery is lowというメッセージが出ることがあります。

電池

パソコンに内蔵されている電池は パソコンによって個体差がありますが、大体6,7年もすると電池が切れることが出てきます。

マザーボード上の電池交換は、デスクトップPCなら、ケースカバーを外すなどの作業が必要になります。パソコンのメーカーや機種によって簡単に交換できる場合と、ある程度まで分解しなければいけない場合とがあります。

マザーボード上を確認すれば、電池が収まっているところが見えます。

しかしノートPCの場合は、市販の電池が塔載されているわけではなく、メーカー専用の充電式電池であり分解も難しいため、自分で交換するということはほとんどありません。