よく使われる容量の単位

データの容量を示す単位は、KB(キロバイト)、MB(メガバイト)、GB(ギガバイト)などがあります。

パソコンの中にあるファイルやフォルダは、すべてこのKBやMBなどで容量が表示されています。

ファイルやフォルダ以外にも、例えばパソコンを構成する部品であるハードディスクや周辺機器のデジカメのカード、USBメモリーなども MBやGBという単位が使われています。

1024倍で単位は変わる

データの容量の単位において、前提となっているのは 2進数です。

例えば、パソコン上に写真や音楽があるとします。それは切り詰めていけば、すべて0と1というデジタルデータによって構成されています。

2進数は、1桁で 0と1が使われます。この最小単位を 1bitといいます。

そして、1bitを8つ並べたものを、1B(バイト)として、データの容量を表す最小の単位としています。

つまり、データの容量とは 0と1をどれだけ記憶できるかを表しているということになります。

  • 1B
  • 1024B=1KB(キロバイト)
  • 1024KB=1MB(メガバイト)
  • 1024MB=1GB(ギガバイト)
  • 1024GB=1TB(テラバイト)

それぞれ1024倍にしていくと単位が変わっていきます。

本来の国際単位系では、103がキロ、106がメガ、109がギガ、1012がテラになります。コンピューターの世界では10進数ではなく2進数であり、103ではなく、210であるため、1000倍ではなく1024倍になります。

1000倍に近いことから キロ、メガ、テラが使われています。分かりやすく、約1000倍で単位が変わると覚えておくといいでしょう。

1Bというのは小さすぎるのでほとんど使われることはありません。よく使われるのは、KBMBGBなどです。

具体的な例

具体的に簡単な例を出してあげますと、以下のような感じです。

  • テキストファイル=1KB~100KB
  • 写真=3MB~30MB
  • 音楽=3MB~30MB
  • 動画=10MB~5GB

写真、音楽、動画は長さや画質などによって大きさは異なってきます。

書き込みができるCDやDVDはこのようになっています。

  • CD=700MB
  • DVD=4.7GB
  • DVD2層=9.4GB
  • ブルーレイ=25GB
  • ブルーレイ2層=50GB

CDでもかなり容量があることが分かります。

10KBのテキストファイル(ワード・エクセルなど)なら70000ファイルほど入る計算です。5MBの写真なら140枚ぐらいです。

USBやハードディスクなどの記録媒体ではこのようになります。容量は様々です。

  • デジカメカード=2GB~64GB
  • USBメモリ=4GB~128GB
  • SSD=120GB~1TB
  • ハードディスク=160GB~4TB

ハードディスクは、1TB~4TBなど多くのデータを書き込むことができるため、大容量記憶デバイスともいわれます。

容量を調べる

パソコンにあるファイルやフォルダの容量は、右クリックしてプロパティで簡単に調べることができます。

容量を調べたいフォルダやファイル上で右クリックしてプロパティ。

プロパティ

サイズの部分がそのフォルダやファイルの容量です。

プロパティ

ディスク上のサイズというのは、Windowsのハードディスクに保存した場合に確保されるサイズで、実際のサイズよりやや大きくなることがあります。