Windows Defenderの設定

Windows Vistaと7には、Windows Defenderというスパイウェア対策ソフトが標準で付いており、デフォルトでは有効になっています。

スパイウェア対策ソフトはフリーでも高検出のソフトも使用できたり、導入しているウイルス対策ソフトがスパイウェア対策を兼ねていることもあるため、必ずしもWindows Defenderを使わなければならないというわけではなく、有効・無効の切り替えが選択できるようになっています。

ここではWindows Defenderを無効にする方法を解説しています。


無効化

Windows Defenderが有効になっていると、右下のタスクトレイにアイコンが表示されています。

タスクトレイ

左下スタート→コントロールパネル。

コントロールパネル

Windows Defender。

Windows Defender

ツール→オプション。

オプション

画面の一番下までスクロールし、「Windows Defenderを使用する」のチェックを外して保存。Windows Defenderが無効化され常駐プログラムから解除されます。無効化されたWindows Defenderを有効にする場合は、チェックを入れます。

無効化

セキュリティセンターの警告が出た場合は、メッセージをクリックします。

メッセージ

利用可能なオプションを表示しますをクリック。

利用可能なオプション

自分でスパイウェア対策プログラムをインストールし、管理しますをクリック。以後タスクトレイにメッセージが出ることはありません。

管理