USBメモリのフォーマット

USBメモリや外付けハードディスクは、Windowsのディスクの管理からフォーマットを行うことができます。

通常は購入時に適切な形式フォーマットされているので、再度フォーマットするということはありませんが、論理障害が起きてドライブが開けなくなくなったときや、違うファイル形式でフォーマットしたいとき、ウイルスに感染していたのでフォーマットしたいときなどに再フォーマットすることがあります。

またFAT32では 1つのファイルで4GB以上容量がある場合は コピーすることができません。こうした時も NTFSに変更することでコピーすることができます。

USBメモリや外付けハードディスクは、出荷時では FAT32のファイル形式でフォーマットされていることが多いですが、外付けハードディスクでは NTFSのファイル形式も増えています。

ここでは、実際に USBメモリをFAT32からNTFSに変更した様子を紹介しています。


方法

パソコンにUSBメモリを接続します。

USBメモリ

マイコンピュータ右クリック→管理。

管理

ディスクの管理。

ディスクの管理

USBメモリが現在 FAT32でフォーマットされているのが分かります。

FAT32

右クリックしてフォーマット。

フォーマット

FAT32やNTFSなどファイルシステムを選ぶことができます。

ファイルシステム

ここでは NTFSを選択してみました。クイックフォーマットにチェックを入れると通常のフォーマットより早く終わります。

NTFS

フォーマット中。

フォーマット中

フォーマットが終わると USBメモリが認識され使用できるようになります。

フォーマット後