削除したり 誤って編集したデータを復元する

Windowsには、「以前のバージョン」という機能があります。

デスクトップ上やマイドキュメント内のファイルやフォルダなどを削除したり 誤って上書き・編集してしまったという際に、以前のバージョンの機能を使うことで、以前存在していたファイルやフォルダを復元できることがあります。

復元ポイントの設定でドライブが有効になっていると、以前のバージョン機能を使うことができます。

例えば、デスクトップ上にあったファイルやフォルダなら、マイコンピューター→Cドライブ→ユーザー→ユーザーアカウント→デスクトップと進みます。

実際にデータがおかれているフォルダに行きます。

フォルダ

デスクトップなら、デスクトップを右クリック→プロパティ。

プロパティ

時系列で表示されます。データがあったと思われる過去の日時のフォルダをクリックすると 目的のデータが見つかります。

過去のデータ

フォルダの中にデータがあるので、コピーしたりすることができます。

過去の日時を際限なく遡れるというわけではありませんが、もしデータを削除したり間違って編集してしまったら 以前のバージョンで古いデータを復元できる可能性もあるということです。