Fujitsu製 ハードディスク診断ツール

HDDメーカーである東芝が無償で提供しているツールにFujitsu Diagnostic tool(FJDT)があります。富士通のHDD部門が東芝に譲渡されたため、Fujitsu Diagnostic tool(FJDT)は東芝から提供されています。

現在 Fujitsu製のハードディスクはほとんど見ることがありません。XPのパソコンなどで内蔵されているものが最後になると思われます。

Fujitsu Diagnostic tool(FJDT)は、ハードディスクの診断と物理フォーマットができるツールです。Fujitsuのハードディスクのみ使用できます。

Windows版とDos版の2種類ありますが、ここではWindows版のハードディスク診断の方法だけ解説しています。(Dos版はCD作成の難易度が高いため)

追記:現在 FJDTの配布は行われていません。

Windows版 使用方法

ダウンロードしたファイル

ダウンロード

クリックするとWindows Diagnostic Toolが起動します。利用規約画面です。Agreeをクリックして進みます。

Agree

内蔵HDD、USB接続のHDDを含めすべて表示されます。検査できるのはFujitsuのHDDだけになります。検査可能なハードディスクにはチェックボックスがありチェックを入れることができます。

HDD

ここではUSB接続のFujitsuのハードディスクを選択。Short Testを実行します。Short Testは簡易診断です。2,3分で終わります。

Short Test

メッセージが出ます。開いているウィンドウ・使用しているプログラムは可能な限り閉じます。

メッセージ

Short Test中です。停止させる場合はStopをクリックします。

Stop

Short Testの結果が表示されます。PASSと表示されていると合格です。

結果

Extended Testを実行します。Short Testと流れは同じです。ハードディスクの容量にもよりますが、30分~100分ぐらいです。

Extended Test

Extended Testが終わったら結果が表示されます。

表示

EXITでWindows Diagnostic Toolを閉じます。

EXIT


関連情報