WD製 ハードディスク診断ツール

HDDメーカーであるWesten Digital(ウエスタン・デジタル)が無償で提供しているツールにData LifeGuard Diagnostic(DLG)があります。

Data LifeGuard Diagnosticは、ハードディスクの診断と物理フォーマットができるツールです。基本的にはWesten DigitalのHDDが利用対象ですが、他社製のハードディスクでも使用できないわけではないようです。

Dos版も用意されていますが、ここでは紹介しておりません。


Windows版 使用方法

ダウンロードは下記から。対応OSは、Windows XP,Vista,7(64bit対応)
Windows用 Data LifeGuard Diagnostic

ダウンロードしたファイル

ダウンロード

ダウンロードしたファイルを開きSetupファイルをクリックしてインストールを進めます。

Setup

ウィザードに従いインストールを進めます。

インストール

Data LifeGuard Diagnosticの起動した画面。利用規約に同意して(チェックを入れて)Next。

チェック

メイン画面です。接続されているハードディスクが表示されます。またSmart Status(Smart情報)も表示されます。Smartに異常がなければ、PASSと表示されます。

ハードディスク

検査したいハードディスク上で右クリック。検査開始はRun Diagnostic。

Run Diagnostic

  • QUICK TEST・・クイックテスト、簡易診断
  • EXTENDED TEST・・フルテスト、ハードディスク全領域診断
  • WRITE ZERO・・物理フォーマット、ゼロフィル、全データ消去
  • VIEW TEST RESULT・・結果表示

QUICK TESTを実行する場合は、カーソルをあてStart。

Start

メッセージが表示されます。可能な限り開いているソフトやウィンドウなどを閉じるようにします。

メッセージ

QUICK TESTが始まります。HDDの容量にもよりますが数分です。

QUICK TEST

終わったらCloseで閉じます。

Close

PASSとあればQUICK TESTは合格です。

PASS

EXTENDED TESTを実行してみます。メッセージが表示されたら可能な限り開いているソフトやウィンドウなどを閉じるようにします。

実行

EXTENDED TESTが始まります。HDDの容量にもよりますが、フルスキャンなのでQUICK TESTより時間がかかります。

EXTENDED TEST

EXTENDED TESTが終わります。

終わり

PASSと表示されていたら合格です。

合格

VIEW TEST RESULTではテスト結果を見ることができます。

VIEW TEST RESULT

エラーが出たらここにエラーコードなどが表示されるようです。

表示

物理フォーマットにあたるWRITE ZEROですが、今起動しているWindowsのドライブは行うことはできません。USBやスレイブのディスクは可能ですので、間違って操作しないように気をつけましょう。

WRITE ZERO

Data LifeGuard Diagnosticを閉じます。

閉じる