テーマの変更

Windowsは、デザインや視覚効果を重視したスタイルが使われています。

Windows Vistaや7以降では、Aeroと呼ばれる視覚効果によりウィンドウが半透明化されるなど、さらにグラフィック演出が強化されています。

こうした視覚効果は、CPUやメモリーなどハードウェアの能力が高い場合は、問題ないのですが、スペックがやや低いパソコンでは、全体的なパソコンのパフォーマンスが低下することがあります。

パソコンの動作を少しでも速くしたいという場合は、視覚効果を抑えたスタイルに変更することで多少の効果は期待できます。

方法

デスクトップ上で右クリック→個人設定。

個人設定

テーマ選択の画面になるので、Windowsクラシックを選択します。

テーマをWindowsクラシックに適用した画面。

壁紙が無地になりますが、再度設定すれば壁紙だけ元に戻すことができます。デスクトップの背景から壁紙は変更できます。

壁紙

単色の場合は用意されている壁紙を、自分で選ぶ場合は参照から選択します。

参照

詳細設定を行うことができます。マイコンピュータ→プロパティ。

詳細設定→設定。

パフォーマンスを優先する→OK。

カスタム設定

パフォーマンスを優先するに設定すると、いくつか不便に思われる箇所が出てくることもあります。そうした場合は、視覚効果タブのパフォーマンス設定で必要な箇所のみチェックをいれることもできます。

例えば、パフォーマンスを優先する設定にすると、画像や写真が表示されず不便な時があります。

アイコンのかわりに縮小版を表示するにチェックを入れます。

縮小版

縮小版で表示されます。

表示

ベーシックテーマ

クラシック以外にもいくつかのテーマがあります。その中でもよく使用されるのがベーシックテーマです。

ウィンドウの透明化がなくなるので、Aeroテーマに比べるとシンプルになります。

ウィンドウの透明化

ベーシックテーマ。

ベーシック

クラシックは少し地味すぎるという場合は、ベーシックテーマを使うことがあります。