役に立つ道具

パソコンのハードウェアのメンテナンスは、主にパーツの増設とかクリーニングのことになります。

ハードの増設(メモリ増設やハードディスク交換)や内部クリーニングでは、パソコンに付いているネジを外して内部にアクセスするということも出てきます。

ここでは、パソコンをメンテナンスする際に、あると便利な道具を紹介しています。

一番よく使うのがドライバーです。パソコンはネジなしで構成されることはほとんどありません。

デスクトップパソコン・ノートパソコンのほとんどの機種でネジは使用されています。ハードの増設(メモリ増設やハードディスク交換)や内部クリーニングでは必須の道具といえるでしょう。

プラスドライバー。デスクトップの場合は プラスドライバー1本で事足りることも多いです。大きめのドライバーはノートパソコンでは使えないこともあります。

静電気対策用手袋 サイズ MとL。メモリやビデオカードの取り外しなど。基板に直接触れるときに使用することがあります。

パソコンの埃の除去にエアダスターは効果的です。パソコンの細かいところには埃が詰まりやすいのですが、エアダスターで簡単に取り除くこともできます。

パソコンの外部・内部ともにクリーニングに最適です。

パソコン内部をクリーニングする時に使用するブラシ。

パソコンパーツは基盤や回路で構成されています。掃除機で内部を吸い取ることは問題ありませんが、基盤や回路に直接掃除機などが触れると故障の原因にもあります。

パソコン内部は精密機器そのものなので、専用のブラシなどでクリーニングするといいでしょう。

基板専用のものというのは特に市販されていないので、

その機能がある近いものを使うという感じです。

マザーボード・メモリ・グラフィックボードに当ててクリーニングできます。掃除機と併用したりします。

エタノール入りのウェットティッシュを使用するとパソコン外部(キーボード・液晶・ケース)の頑固な汚れを除去できます。

CPUファンや筐体内部の側面などに付着した汚れを除去するするときも効果的です。エタノール(アルコール)が入っているので、付着している埃や汚れを比較的簡単に除去することができます。古いCPUグリスの除去も可能です。

CPUグリスは、CPU交換やCPUファンを取り外した際などに使用します。シルバーグリスは標準グリスに比べてCPU全負荷時に3~12℃ CPU温度を下げるといわれています。熱伝導率は9.0W/m・Kで、標準グリスの約10倍~約15倍ほど。

パソコンの内部クリーニングは、専門の道具が一式揃っているというわけではないので、状況に合わせて自分で探していく必要があります。