メモリーテスト・診断用のフリーソフト

メモリーにエラーがないかどうかを調べるツールに、memtest86というものがあります。

CD-ROMにメモリーテスト用のデータを書き込み、その後パソコンの起動順位を変更してメモリーテストのプログラムを起動させるというかたちになります。

このページでは、メモリーテストの起動ディスクの作成と使用方法について紹介しています。

作成

公式サイト。

Memtest86.com

Free Downloadをクリック。

Free Download

ISO image for creating bootable CD(Windows-zip)がCD用のISOファイル。これをダウンロードします。

CD用

ダウンロードして保存→実行でこのようなアイコンができます。解凍された下のフォルダを開きます。

解凍されたフォルダ

memtest.isoがメモリーテスト用のファイルになります。これをイメージファイルとしてCDに書き込みます。

書き込み後、パソコンの電源を入れるときにCDドライブに作成したCDを入れ、CDの起動順位を1番目にするとメモリーテストを行うことができます。

ISOファイル

使用方法

メモリーテスト開始画面。V4.0(Default)かV3.5(Previous Version 以前のバージョン)を選びます。通常はV4.0 最新版を使用します。 何も選択しなければそのまま最新版でメモリーテストが始まります。

最新版

メモリーテストは特別な操作を加えなくても、自動で始まります。キーボード左上のEscキーを押すとメモリーテストを中止し、終了することができます。それまではエンドレスに続きます。

メモリーテスト

左上画面、Memoryのところにメモリー総量が記載されています。

メモリー総量

PASSが全体の進捗状況です。TESTは部分的なテストの進捗です。PASSが100パーセントになるとメモリーテストが一巡したことになります。

PASS

メモリーテストが一巡してテストに合格すれば PASS 1 と表示され、Pass Complete,no errors と表示されます。メモリーテストを終える場合は、Escキーを押します。。メモリーテストでエラーが出た場合、PASSの横のERRORにエラー数が表示され、下の余白の部分にも一覧で表示されるので、すぐに分かります。

一巡

エラー

ようこそ画面から起動しない、セーフモードでも起動しないパソコンでメモリーテストを行ったところエラーを検出。

エラー

このように起動しない原因がメモリーの故障かどうかを検証することができます。


関連情報