メモリーに異常がないか調べる

メモリーの不良や故障というのはしばしば起こります。

パソコンのフリーズ、再起動、ブルースクリーン、マザーボードからのピープ音などの場合は、メモリー不良や故障が考えられます。増設したメモリーの初期不良・相性不良というのも稀に起こります。

パソコンのトラブルが生じた場合、ハードディスクと同様にテスト・診断することによってトラブルの原因がメモリーにあるのかどうか知る手がかりにもなります。

方法

メモリーのテスト・診断するツールは限られています。

一般的に知られているのは、マイクロソフトの提供するWindows メモリ診断、フリーソフトのmemtest86です。

OSが起動すると、メモリー上にOSやプログラムがおかれますので、メモリーの診断はOSの起動前に行うようになっています。

他にメーカー製のパソコンには、BIOSでメモリー診断ができるようにインストールされていることがありますので、それらのソフトを使用するという方法もあります。

故障

メモリーテストでエラーが出る場合、メモリーの不良かメモリースロットの不良のいずれかになりますが、ほとんどはメモリー単体での故障です。

複数メモリーを使用している場合、どちらか1つが故障しているということが多いといえます。どちらが故障しているか分からない場合は、メモリーの片方を取り外して検証することもあります。

故障していることが特定できたら、メモリーを交換することになります。

デスクトップパソコン

メモリー不良はノートパソコンよりも、デスクトップパソコンのほうがやや起きやすい傾向があります。

原因は内部の埃や帯電、熱などです。またパソコンの不具合が多岐多様にわたるのもメモリー不良の特徴です。

また、パソコンの電源は入るがモニターに何も表示されないというトラブルは、メモリー不良と言うよりもメモリーの接触不良・帯電などが原因になっていることもあります。この場合はメモリーの抜き差し等で起動が回復することもあります。


関連情報