Windows版とDos版

HDDベンダーであるSeagate(シーゲイト)が提供しているソフトウェアに、Seatools(シーツールズ)があります。ハードディスクに問題や故障がないかを検査・診断をすることができます。

検査方法にはWindows上で行うことができるWindows版 Seatoolsと、Windowsが起動する前に行うことができるDos版 Seatoolsがあります。

このページでは、Windows版 SeatoolsとDos版 Seatoolsの使い方について紹介しています。

Windows版 Seatoolsのダウンロード

Seagateのサイトです。

Seagate

インストールファイルをダウンロードし、インストールを行います。

Setupファイル

すべてのプログラムからSeaTools For Windowsを起動します。ドライブをスキャンするため起動には若干時間がかかります。しばらくしてSeaTools For Windowsが起動します。

SeaTools For Windows

スキャンされたドライブが表示されています。検査したいドライブを選択しチェックを入れます。

ドライブの選択

Basic Testsというところから、検査方法を選択します。

Shortというのは、簡単・短時間という意味で、Longが 正確・長時間という意味合いです。主に、Short Generic(ショートリードテスト)とLong Generic(ロングリードテスト)を利用します。

Basic Tests

クリックすると検査が開始します。もし何らかの理由で中断したい時は、Adort testをクリックします。

検査開始

結果はPassが合格。Failが不合格です。

Pass

内蔵HDDだけでなく外付けHDDなども検査できます。下記はWindowsが起動しないノートパソコンからHDDを取り外し、USB接続して検査したものです。

Short GenericではPassでしたが、Long GenericではFailという結果でした。 Long Generic開始後すぐに、Failと表示されました。

Fail

Dos版 Seatoolsのダウンロード

ダウンロードするのはISOファイルになります。保存すると以下のようなアイコンができます。

このファイルをイメージファイルとして書き込みます。その後、起動順位の1番目を光学ドライブに指定し、Dos版 SeaToolsを開始します。

ISOファイル

起動するまで、しばらく待ちます。その後、利用規約に同意するかどうかを聞いてきますので、I acceptをクリックします。

利用規約に同意

立ち上がったら、現在接続されているハードディスクが表示されています。。

接続されているハードディスク

最初に画面右上の言語設定を行います。Engrish→日本語を選択。

言語設定

画面左上にテスト開始の項目があります。厳密な検査はロングテストを選択します。

テスト開始の項目

テスト中です。ゲージが100パーセントになるまでしばらく待ちます。

テスト中

テストが終了したら結果が表示されます。パスは合格。フェイルは不合格です。 終了する時は画面上のEXITをクリックします。

テスト結果

Dos版のSeatoolsを使うことは、ほとんどありませんが、Windowsが起動しない状態のパソコンで用いることがあります。


関連情報