ハードディスクのデータ消去などで活用

物理フォーマットとは、ローレベルフォーマットともいいます。

本来の意味での物理フォ-マットとは、ハードディスクを使えるようにするための最初の初期化作業、磁気ディスクのセクタを構成する作業です。つまりハードディスクメーカーによって行われます。

一般的にいわれている物理フォーマットというのは、ゼロフィルを指します。ゼロフィルとはハードディスクのセクタにゼロ(00)を書き込む作業のことです。

この作業により、すべてのデータが完全に消去されます。

また、不安定だったセクタが安定しHDDを再度使用できるようになることもあります。

HDDベンダー

部品の製造元・販売元のことを、ベンダーといいます。ハードディスクのベンダーでは、代表的なところに、SeagateとWesten Digitalがあります。

SeagateとWesten Digitalからは、物理フォーマット(ゼロフィル)できるツールが、提供されています。

ソフトウェア

市販ソフトや フリーソフトでも、ゼロフィルを行うことができるものがあります。概ね、データ消去ができるソフトウェアでは、ゼロフィルを用いて行っています。

データ消去の手法、アルゴリズムやレベル・強度を設定できるようになっています。

メーカー製パソコンにも、ゼロフィルによるデータ消去ツールがインストールされていることがあります。BIOS画面から入って操作することが多くなりますが、方法は概ねマニュアルに記載されています。

Windowsのインストールされているドライブのデータ消去は、起動している状態では実行できないため、起動ディスクを用いたり、Windowsが起動する前に行うようになっています。

論理フォーマット

Windowsのディスクの管理で行うフォーマットは、論理フォーマットといいます。

Windows上で、データの読み書きなどができるようにする作業です。ハードディスクを増設したりする際に行います。

データは消えるのですが、あくまでもファイルシステムを作成・初期化しているだけの作業なので、データ復元ソフトなどで読み込みが可能であり、データを完全に消去するためには、ゼロフィルなどの作業が必要になります。