Seagate製ハードディスクで使用

Seatoolsは、データ消去を行うことができます。ハードディスクの全領域に"00"のデータを書き込んでいきます。

この作業により、ハードディスクのデータは完全に消去されます。

Seatoolsでのゼロフィルは、起動ディスクを使用して行います。またSeatoolsでのゼロフィルは、SeagateかMaxtorのHDDのみ実行できます。

使用方法

ダウンロード・起動ディスク作成は、Seatools ハードディスク診断のDos版 Seatoolsで解説しています。

Seatoolsを起動すると利用規約画面が出ます。I Acceptをクリック。

Seatools

画面右上のLanguageから言語の選択ができます。日本語を選択すると再度利用規約画面が表示されるので、同意しますをクリック。

言語の選択

画面中央に接続されているハードディスクが表示されます。

ハードディスクが複数選択されている場合、カーソルをあて操作を実行したいハードディスクを選択します。

ゼロフィルはデータが完全に消去されるので、予め該当するハードディスクのみ接続し、ゼロフィルを行わないハードディスクは外しておくという方法もあります。

ハードディスク

ゼロフィルは、メニューバーの高度な機能から選択します。Oでトラックを消去、定時消去、完全消去の中から選択します。

ゼロフィル

0でトラックを消去は、ドライブの最初の 63 セクタだけを消去します。1 秒未満でおわります。マスター・ブート・レコード (MBR) とパーティション テーブルが削除されます。

0でトラックを消去

YESと入力して、続行するをクリック。

続行

定時消去は、決められた時間内のみゼロフィルを行います。最大で5分。

この作業はハードディスクの前半からスタートするため、OS部分は大抵ゼロフィルされることになります。

定時消去

完全消去はハードディスクの全セクタにゼロフィルを行います。

HDDの容量にもよりますが数時間かかると考えられます。不良セクタが検出された場合は、代替処理を可能な限り行います。

完全消去

それぞれゼロフィルが終わったら、画面右のテスト結果に合格と表示されます。

テスト結果

作業が終わってSeatoolsを閉じるときは、メニューバーの終了をクリックします。

メニューバー

ゼロフィル後のハードディスクは、出荷時の状態と同じになります。

再度利用する場合は、そのままOSインストール作業を行うか、セカンドドライブとして認識させて、ディスクの管理から初期化とフォーマットの作業を行います。


関連情報