WD製ハードディスクで使用

Data LifeGuard Diagnosticは、ハードディスクの診断とゼロフィルができるツールです。

データ消去、ゼロフィルは、Data LifeGuard Diagnosticのメニュー画面から操作を行います。

基本的に、Westen DigitalのHDDが利用対象ですが、他社製のハードディスクでも使用できないわけではないようです。ただし推奨はされていません。

なお、ドライブの選択の間違いなどが起きないよう、注意して操作する必要があります。

Windows版 使用方法

ダウンロード・インストールは、Data LifeGuard Diagnostic ハードディスク診断で解説しています。

Data LifeGuard Diagnosticを起動します。

起動

Data LifeGuard Diagnosticの起動した画面。利用規約に同意して Next。

同意

メイン画面です。接続されているハードディスクが表示されます。

また、Smart Status(Smart情報)も表示されます。Smartに異常がなければ、PASSと表示されます。

メイン画面

物理フォーマットしたいハードディスクをダブルクリック。

Windowsがインストールされているドライブ、Cドライブとして起動しているドライブはフォーマットできません。

ハードディスク

WRITE ZEROSを選択してStart。

WRITE ZEROS

メッセージが表示されます。パーティションがあるかもしれませんが、本当にゼロフィルを行いますか?という内容。はいを選択して進みます。

メッセージ

再度メッセージが表示されます。選択したドライブのデータが失われますが、本当にゼロフィルを行いますか?という内容。はいを選択して進みます。

はい

QUICK ERASEかFULL ERASEを選択します。QUICK ERASEを実行してみます。

QUICK ERASE

QUICK ERASEが始まります。ドライブの容量にもよりますが時間は数分です。QUICK ERASEはハードディスク前半と後半のセクタのみゼロフィルを行います。

ゼロフィル

終わったらメッセージが表示されますのでOK。このメッセージは、ハードディスクにパーティションなどの情報がないという内容です。ゼロフィルで消去しているのでこのメッセージは異常を示すものではありません。

情報

Closeで閉じます。

close

次にFULL ERASEを実行します。手順は QUICK ERASEと同じです。

FULL ERASEはハードディスク全領域に対してゼロフィルを行います。通常はFULL ERASEを選択します。

FULL ERASE

QUICK ERASEの時と同様メッセージが出ますのではいで進みます。FULL ERASEが始まります。ドライブの容量にもよりますがそれなりに時間がかかります。途中でキャンセルは可能です。

ゼロフィル

FULL ERASEが終わったらVIEW TEST RESULTでERASEの結果を知ることができます。

結果

VIEW TEST RESULTのテスト結果。COMPLETEとなっていればゼロフィルに成功したという意味です。

COMPLETE

Data LifeGuard DiagnosticをCloseで閉じます。

閉じる

ハードディスクは、出荷時の状態と同じになります。正常なディスクであれば、OSインストールやセカンドドライブとして使用することができます。


関連情報