フロッピーディスクを読み込まない

最近のパソコンはFDD(フロッピーディスクドライブ)搭載のパソコンはほとんどありません。

XPやそれ以前の機種には FDD搭載の機種は多く、データの保存や特殊な用途でフロッピーディスクを使用することはまだあります。

フロッピーディスクも長く使用していると、ドライブのデータを読み出す部分に埃が付着したり汚れたりします。最終的にフロッピーディスクを読み取れない、書き込めないなどのトラブルにつながります。

パソコンのフロッピードライブをよく使用する場合は、定期的なメンテナンスを行うことでドライブの長持ちにもつながります。

フロッピードライブクリーナー

フロッピードライブのクリーニングは、専用のフロッピーディスクを使用します。

クリーニング用のフロッピーディスクは、乾式と湿式があります。

湿式は クリーニング溶液をつけて使用します。使用方法はWindowsが起動している状態で、クリーニング用のフロッピーディスクにクリーニング溶液を付けドライブに入れるだけです。

SANWAサプライ 型番CD-31W。クリーニング液付属で約45回使用することができます。

読み書きが回復しないことはありますが、試してみる価値はあります。

フロッピーディスクドライブは、故障した場合 内蔵のドライブを交換するか、USBタイプの外付けドライブを取り付けます。