最も埃が集まりやすいCPUファン

CPUファンのところには埃やゴミがたまりやすいのですが、そのまま使用していると音がうるさい、電源が落ちるなどのトラブルが起きることもあります。

掃除・クリーニングしたいけど、どうしたらいいの?というのがあるかもしれません。

ここではCPUファンを取り外す方法を解説しています。

基本的な構造を知る

パソコンというのは、意外とシンプルな構造になっていることがあります。

形やデザインが違ったとしても、基本的な構造は変わらないのです。

CPUを冷却しているのが CPUクーラーという部品です。

CPUクーラーは、金属製のヒートシンクとCPUファンの2つの部品から成り立っています。

このことが理解できていれば、CPUファンは基本的に取り外すことができるということが分かってきます。

熱と風の流れパソコンに取り付けてあるCPUクーラー。CPUで発生した熱がすぐに逃げるようにヒートシンクはアルミ製や銅製になっています。そしてCPUファンから風を送ることで冷却しています。


CPUクーラーパソコンから取り外したCPUクーラー。


ヒートシンクとファンこのようにCPUクーラーはヒートシンクとファンの部分で成り立っています。通常はこの2つは分離できるようになっています。



いろいろなCPUクーラー

CPUクーラーには、いろいろなものがあります。

形やデザインが異なるわけです。

しかし基本的な構造は同じなので、取り外しはできるようになっています。ここではいくつかのCPUクーラーとCPUファンの取り外し方法を紹介しています。分かりやすいようにCPUクーラーはマザーボードから取り外しています。

ネジ上の写真にもある一般的なCPUクーラー。4箇所ネジで固定されているタイプ。


プラスドライバープラスドライバーでネジを外していきます。


CPUファンの取り外しCPUファンを取り外すことができます。


内側のネジこのCPUクーラーはどうでしょうか?これもよく見るとファンの内側にネジで固定されています。4箇所です。


ドライバードライバーでネジを取り外します。


CPUファン取り外しCPUファンを取り外すことができます。


CPUクーラー次はこちらのCPUクーラー。


ピンネジではなくピンで固定されています。


爪爪がかかっているのでマイナスドライバーなどで解除してきます。取り外しはやや難しいタイプです。


CPUファン取り外しCPUファンを取り外すことができます。


このようにCPUクーラーというのは、基本的にどんなパソコンでもCPUファンの取り外しはできるようになっています。

ただメーカー製パソコンの場合は、形やデザインが特殊であったり、ケースを開けただけではCPUクーラーがどこになるのか分からないということが多いだけです。


関連情報