GPUの2大ブランド

グラフィックボードの銘柄・ブランドには大きく分けて、Radeon(ラディオン)とGeforce(ジーフォース)という2種類があります。

正確にはグラフィックボートの核の部分になるGPUとよばれるグラフィックチップがRadeonなのかGeforceなのかという違いです。

Radeon、Geforceというのはブランド名でそれぞれメーカーは下記の通りです。

  • Radeon・・・AMD(エーエムディー)、ATIとも呼ばれます
  • Geforce・・・NVIDIA(エヌヴィディア)

AMDやNVIDIAからGPUの提供を受けて各メーカーがグラフィックボードのデザイン、ファンの部分など開発して販売しています。グラフィックメーカーは主に下記のようなところがあります。

  • ASUS
  • GIGABYTE
  • MSI
  • Leadtek
  • ELSA
  • GALAXY
  • 玄人志向

一般的にグラフィックボードは、RadeonやGeforceなどGPU(グラフィックチップ)の性能で全てが決まりますので、RadeonやGeForceなどの銘柄・ブランド名で呼ばれることが多いのです。


ATI Radeon

Radeon AMDはCPUも手掛けている会社で、CPUはAMDブランドとして知られています。

グラフィックチップのブランド名がATI Radeonシリーズとよばれるもので2000年頃から下記のような型番を出しバージョンアップを重ねてきました。


  • Radeon Rシリーズ(2014年現在)
  • RADEON HD7000シリーズ
  • RADEON HD6000シリーズ
  • RADEON HD5000シリーズ
  • RADEON HD4000シリーズ
  • RADEON HD3000シリーズ
  • RADEON HD2000シリーズ
  • RADEON X1000シリーズ
  • RADEON Xシリーズ
  • RADEON 9000シリーズ
  • RADEON 8000シリーズ
  • RADEON 7000シリーズ(2000年~)

同じシリーズの型番でも、末尾に付くアルファベットや下3桁、下2桁の数字によって性能が異なります。

RADEON HD2000シリーズまでがXTX、Pro、下3桁、下2桁の数字によるの分類で、HD3000シリーズからは下3桁、下2桁の数字による分類になります。左へ行くほど高性能(上位版)で右へ行くほど(廉価版)になります。

  • XTX>XT>Pro/GT>XL/GTO>(記載無し)>SE/VE
  • 900>800>700>600>500>400>300>200
  • 90>80>70>50>30

例えば 現在のRadeon HD7000シリーズでいいますと、単純に下3桁の数字が大きいほうが性能も高いことになります。

  • HD7970>HD7870
  • HD7850>HD7750
  • HD7750>HD7550

HD3000シリーズ以降はすべてこのようになっているので分かりやすいといえます。

NVIDIA Geforce

GeforceNVIDIA Geforceシリーズ。NVIDIAが開発を手掛けているのが、Geforceブランドです。

GFと略して記載されていることもあります。Geforceブランドも2000年頃から下記のような型番がありバージョンアップを重ねてきました。


  • Geforce 700シリーズ(2014年現在)
  • GeForce 600シリーズ
  • GeForce 500シリーズ
  • GeForce 400シリーズ
  • GeForce 200シリーズ
  • GeForce 9000シリーズ
  • GeForce 8000シリーズ
  • GeForce 7000シリーズ
  • GeForce 6000シリーズ
  • GeForce FXシリーズ
  • GeForce 4シリーズ
  • GeForce 3シリーズ
  • GeForce 2シリーズ(2000年~)

同じシリーズの型番でも、末尾に付くアルファベットや下3桁、下2桁の数字によって性能が異なります。左へ行くほど高性能(上位版)で右へ行くほど(廉価版)になります。

  • GTX>Ultra>GT>GTS>(記載無し)>GS>SE>LE
  • 900>800>700>600>500>400>300>200>100>000
  • 90>80>70>60>50

現在の 600シリーズで言いますと 単純に下2桁の数字で性能差が分かります

  • GTX690>GTX680
  • GTX660Ti>GTX650
  • GT640>GT630

Geforce 500シリーズや600シリーズには 末尾にTiが付く型番があります。

具体的にいいますと 560や560ti、650や650Tiなど。

下三桁が同じなら 単純にTiの付いている方が性能はやや上になります

性能比較

RadeonとGeforceは ほぼ同時期に新しいGPUを市場へ出してきます。

違う会社なのですが 性能はわりと近いものがあり、各シリーズ・各型番で拮抗しています。

例えば 2013年・2014年を例として見ますと RadeonがRシリーズやHD7000シリーズ、GeforceがGTX700シリーズ・GTX600シリーズになっています。

性能比較

ある程度 おおよその比較になりますが、性能や価格というのはそれほど違いがあるわけではありません。

最終的には グラフィックボードメーカーのデザインや静音性、信頼性、その時その時の需給バランスによる価格などで決めることが多いようです。