マザーボードの選び方

自作パソコンではマザーボード選びは、一番重要といえます。

パソコンの様々なデバイスが接続される大元・土台となってくるところです。

ここでは、パソコンを自作するさいのマザーボード選びについて解説しています

サイズ

マザーボードには、サイズがあります。大きくわけると MicroATXかATXという2種類のサイズになります。

このどちらのサイズにするかによって、ケースの大きさや拡張性などが違ってきます。

  • MicroATX・・・拡張性は低い、ミニタワー・ミドルタワーで使用可
  • ATX・・・拡張性は高い、ミドルタワー・フルタワーで使用可

チップセット

マザーボードの性能また接続できるデバイス(特にCPUとメモリ)は、マザーボード上のチップセットで決まります。

パソコンパーツ店にあるマザーボードは、比較的最新のチップセットばかりなのでどれを選んでもそれほど大きな差異はありません。

チップセットは、大きく分けると Intel製とAMD製の2種類があります。Intel製のチップセットならIntel製のCPU、AMD製のチップセットならAMDのCPUを付けることになります。

Intel製のチップセットのほうがシェアが多く人気もあります。

  • Intel製・・・Intel製のCPU
  • AMD製・・・AMD製のCPU

チップセットとCPUは関係が深いので、CPU選びと並行してチップセット(マザーボード)選びもしていきます。

メーカー

マザーボードを提供しているメーカーはいくつかあります。

チップセットをはじめマザーボード上の回路・デバイスはIntel(チップセット)、AMD(チップセット)、Realtec(LANチップ、サウンドチップ)、コンデンサメーカーなどがつくっていますが、これらの部品の提供をうけ、マザーボードメーカーが最終的にマザーボードを作ります。

主なメーカーは、Asustek(ASUS)、GIGABYTE、MSI、Asrockなど。

どのメーカーのマザーボードでも大きな違いはありません。デザインなどが異なるだけです。初心者むけにおすすめなのは、ASUSとGIGABYTEです。いずれもマザーボードでは代表的なメーカーです。

  • ASUS(アスース)
  • GIGABYTE(ギガバイト)