Haswellとは

Haswell ハズウェルは、2013年6月に発売された第四世代 Core iシリーズです。

Sandy BridgeIvy Bridgeは、LGA1155ソケットでしたが、Haswellからは新しいCPUソケット LGA1150が採用されています。

Haswellから約一年後 2014年5月に発売されたのが Haswell Refresh、6月に登場したのが Devil's Canyon (デビルズキャニオン)。

そして2015年の第五世代 Broadwellは Core i7、i5などで型番は5つのみ。同じLGA1150です。

ややわかりにくいので整理すると、このようになります。

  • Hawell・・・LGA1150、Intel 8・9シリーズ
  • Haswell Refresh・・・LGA1150、Intel 8・9シリーズ
  • Devil's Canyon・・・LGA1150、Intel 9シリーズ
  • Haswell-E・・・LGA2011-v3、X99
  • Broadwell・・・LGA1150、Intel 9シリーズ

主力製品は、Haswell、Haswell Refreshです。

基本的な性能はほとんど変わっていませんが より高性能なモデルや省電力なモデルも追加され 20種類以上の型番が増えることになりました。

HaswellとHaswell Refreshは合わせると 非常に型番が多いのが特徴です。

対応チップセットは、HaswellがIntel 8シリーズチップセット、Haswell RefreshがIntel 9シリーズチップセットですが、同じLGA1150なので互換性はあり ほとんどの8シリーズ搭載のマザーボードのBIOSアップデートなどでHaswell RefreshのCPUの搭載が可能です。

型番

Haswell、Haswell RefreshでもCore i7、Core i5、Core i3があります。また廉価版として Pemtium、Cerelonがあります。

型番末尾のKはオーバークロック向け、SとTが省電力モデル。

左からコア数スレッド数、HTはハイパースレッディング・テクノロジー、動作周波数、()はターボブースト時最大動作周波数、キャッシュ、TDP、Refreshは Haswell Refresh。

Core i7

4コア8スレッド HT・TB対応。内蔵グラフィック HD4600。

  • i7-4790K・・・4.0GHz(4.4Ghz)8MB、88W、Devil's Canyon
  • i7-4790 ・・・3.6GHz(4.0Ghz)8MB、84W、Refresh
  • i7-4790S・・・3.2GHz(4.0Ghz)8MB、65W、Refresh
  • i7-4790T・・・2.7GHz(3.9Ghz)8MB、45W、Refresh
  • i7-4785T ・・・2.2GHz(3.2Ghz)8MB 35W、Refresh
  • i7-4771 ・・・3.5GHz(3.9Ghz) 8MB 84W
  • i7-4770R・・・3.2GHz(3.9Ghz)8MB 65W、Iris Pro Graphics 5200
  • i7-4770K・・・3.5GHz(3.9Ghz)8MB 84W
  • i7-4770 ・・・3.4GHz(3.9Ghz) 8MB 84W
  • i7-4770S・・・3.1GHz(3.9Ghz) 8MB 65W
  • i7-4770T・・・2.5GHz(3.9Ghz) 8MB 45W
  • i7-4765T・・・2.0GHz(3.0Ghz) 8MB 35W

Core i5

4コア HT未対応・TB対応。内蔵グラフィック HD4600。

  • i5-4690K・・・3.5GHz(3.9Ghz) 6MB、88W、Devil's Canyon
  • i5-4690 ・・・3.5GHz(3.9Ghz) 6MB、84W、Refresh
  • i5-4690S・・・3.2GHz(3.9Ghz) 6MB、65W、Refresh
  • i5-4690T・・・2.5GHz(3.5Ghz) 6MB、45W、Refresh
  • i5-4670K・・・3.4Ghz(3.8Ghz)6MB、84W
  • i5-4670 ・・・3.4Ghz(3.8Ghz)6MB、84W
  • i5-4670R・・・3.4Ghz(3.7Ghz)6MB、65W、Iris Pro Graphics 5200
  • i5-4670S・・・3.1GHz(3.8Ghz) 6MB、65W
  • i5-4670T・・・2.3GHz(3.3Ghz) 6MB、45W
  • i5-4590 ・・・3.3Ghz(3.7Ghz)6MB、84W、Refresh
  • i5-4590S・・・3.0GHz(3.9Ghz) 6MB、65W、Refresh
  • i5-4590T・・・2.0Ghz(3.0Ghz)6MB、35W、Refresh
  • i5-4570 ・・・3.2Ghz(3.6Ghz)6MB、84W
  • i5-4570R・・・2.7Ghz(3.2Ghz)6MB、65W
  • i5-4570S ・・・2.9GHz(3.6Ghz) 6MB、65W
  • i5-4570T・・・2.9GHz(3.6Ghz) 6MB 35W(2コア4スレッド)
  • i5-4460 ・・・3.2Ghz(3.4Ghz)6MB、84W、Refresh
  • i5-4460S・・・2.9GHz(3.4Ghz) 6MB、65W、Refresh
  • i5-4460T・・・1.9Ghz(2.7Ghz)6MB、35W、Refresh
  • i5-4440 ・・・3.1Ghz(3.3Ghz)6MB、84W
  • i5-4440S・・・2.8Ghz(3.3Ghz)6MB、65W
  • i5-4430 ・・・3.0Ghz(3.2Ghz)6MB、84W
  • i5-4430S・・・2.7Ghz(3.2Ghz)6MB、65WW

消費電力や発熱量を示す値をTDPは、Core i7,i5ともに末尾Kと無印が84W、末尾Sが65W、末尾Tが45W・35W。

Core i3

2コア4スレッド HT対応・TB未対応。内蔵グラフィックは HD4600とHD4400。

  • i3-4370 ・・・3.8GHz 4MB、54W、HD4600、Refresh
  • i3-4370T・・・3.3GHz 4MB、35W、HD4400、Refresh
  • i3-4360 ・・・3.7GHz 4MB、54W、HD4600、Refresh
  • i3-4360T・・・3.2GHz 4MB 35W、HD4400、Refresh
  • i3-4350 ・・・3.6Ghz 4MB、54W、HD4600、Refresh
  • i3-4350T・・・3.1GHz 4MB、35W、HD4600、Refresh
  • i3-4340 ・・・3.6GhZ 4MB、54W、HD4600
  • i3-4330 ・・・3.5Ghz 4MB、54W、HD4600
  • i3-4330T・・・3.0Ghz 4MB、35W、HD4600
  • i3-4170 ・・・3.7GHz 4MB、54W、HD4400、Refresh
  • i3-4170T・・・3.2GHz 4MB、35W、HD4400、Refresh
  • i3-4160 ・・・3.6GHz 4MB、54W、HD4400、Refresh
  • i3-4160T・・・3.1GHz 4MB、35W、HD4400、Refresh
  • i3-4150 ・・・3.5GHz 3MB、54W、HD4400、Refresh
  • i3-4150T・・・3.0Ghz 3MB、35W、HD4400、Refresh
  • i3-4130 ・・・3.4Ghz 3MB、54W、HD4400
  • i3-4130T・・・2.9Ghz 3MB、35W、HD4400

消費電力や発熱量を示す値をTDPは、無印が54W、末尾Tが35W。i7、i5より全体的に低くなります。

Pentium

2コア HT・TB未対応。内蔵グラフィック HDグラフィック。

  • G3470 ・・・3.6GHz 3MB、53W、Refresh
  • G3460 ・・・3.5GHz 3MB、53W、Refresh
  • G3460T・・・3.0GHz 3MB、35W、Refresh
  • G3450 ・・・3.4GHz 3MB、53W、Refresh
  • G3450T・・・2.9GHz 3MB、35W、Refresh
  • G3440 ・・・3.3GHz 3MB、53W、Refresh
  • G3440T・・・2.8GHz 3MB、35W、Refresh
  • G3430 ・・・3.3GHz 3MB、53W
  • G3420 ・・・3.2Ghz 3MB、53W
  • G3420T・・・2.72Ghz 3MB、35W
  • G3320TE・・・2.3Ghz 3MB、35W
  • G3260 ・・・3.3GHz 3MB、54W、Refresh
  • G3260T・・・2.9GHz 3MB 35W、Refresh
  • G3258 ・・・3.2GHz 3MB、53W、Devil's Canyon
  • G3240 ・・・3.1GHz 3MB、54W、Refresh
  • G3240T・・・2.7GHz 3MB、35W、Refresh
  • G3220 ・・・3.0Ghz 3MB、53W
  • G3220T・・・2.6GHz 3MB、35W

Celeron

2コア HT・TB未対応。内蔵グラフィック HDグラフィック。

  • G1850 ・・・2.9GHz 2MB、53W、Refresh
  • G1840 ・・・2.8GHz 2MB、54W、Refresh
  • G1840T・・・2.5GHz 2MB、35W、Refresh
  • G1830 ・・・2.8GHz 2MB、53W
  • G1820 ・・・2.7GHz 2MB、53W
  • G1820TE・・・2.2GHz 2MB、35W
  • G1820T・・・2.4GHz 2MB、35W

消費電力や発熱量を示す値をTDPは、Pentium、Celeronともに無印が54W・53W、末尾Tが35W。i3と同じです。

Devil's Canyon

デビルズキャニオンは、同じHaaswell世代 LGA1150で 以下の型番になります。

  • i7-4790K
  • i5-4670K
  • Pentium G3258

Haswell・Haswell Refleshの中で i7-4790Kは定格4.0GHz、ターボブースト時4.4GHz、オーバークロックも可なので メインストリームのCore iシリーズでは最高峰の性能になります。

Sandy-Bridge・Ivy-Bridgeでも これほどクロック周波数が高いものはありません。

Pentium G3258は、Anniversary Editionともいわれ、Pentium ブランド 20周年を記念して発売されたCPUです。

本来 Celeron、Pentium、Core i3、無印のCore i5、Core i7は オーバークロックに対応してませんが、このCPUは対応しています。

Pentiumで価格も安く 記念品でもあるので、人気のあるCPUです。

CPUソケット

Haswellで使われるCPUソケットは、LGA1150です。対応しているマザーボードは非常に多いといえます。

LGA1150Intel LGA1150。

チップセット

チップセットは、Z87H87B85H81など Intel 8シリーズ、Z97H97の9シリーズ。

HaswellのCPUと同時に出たのが8シリーズで、Refreshと同時に出たのが9シリーズです。

CPUソケットも同じなので 基本的に互換性があり Intel 8 シリーズのチップセットを搭載したマザーボードに IHaswell RefreshのCPUを取り付けることもできます。

ただし新しいCPUを古いマザーボードに付けるので、マザーボード側が取り付けるCPUに対応しているかどうか、BIOSの更新が必要かどうかなどは事前に調べておく必要があります。

Devil's Canyonの対応チップセットは 正式にはZ97H97のIntel 9シリーズになりますが、マザーボードメーカーがBIOSアップデートで対応して使えるようにしているので、実際には 8シリーズでも使われています。


第五世代 Broadwell

第四世代のHaswellをより進化させたCPU。

TDPの低下GPU機能の向上があげられます。

デスクトップ版では Core i7、Core i5で型番は5つのみです。グラフィック機能は Intel Iris Pro Graphics 6200。

  • Core i7 5775R・・・3.3GHz(3.8GHz) 6MB、65W
  • Core i7 5775C・・・3.3GHz(3.7GHz) 6MB、65W
  • Core i5 5675R・・・3.1GHz(3.6GHz) 4MB、65W
  • Core i5 5675C・・・3.1GHz(3.6GHz) 4MB、65W
  • Core i5 5575R・・・2.8GHz(3.3GHz) 4MB、65W

省電力ということもあり、ノートパソコン用のモバイル版に型番が多くなっています。

モバイル向けの型番は Core iシリーズが5000番代、Pentium、Celeronが3000番台。

対応チップセットは Z97H97の9シリーズ。

LGA1150のマザーボードで 第五世代 Broadwellを使う場合は マザーボードのチップセットは 9シリーズがどうか?やBIOSアップデートが必要です。

Haswell-E、Broadwell-E

Haswell、Broadwellのハイエンド向けCPU。

Core i7

  • i7-6950X・・・3.0GHz(3.5Ghz) 10コア 25MB、140W
  • i7-6900K・・・3.2GHz(3.7Ghz) 8コア 20MB、140W
  • i7-6800K・・・3.4GHz (3.6Ghz) 6コア 15MB、140W
  • i7-5960X・・・3.0GHz(3.5Ghz) 8コア 20MB、140W
  • i7-5930K・・・3.5GHz(3.7Ghz) 6コア 15MB、140W
  • i7-5820K・・・3.3GHz (3.6Ghz) 6コア 15MB、140W

5000番台が Haswell-E、6000番台が Broadwell-E。

Core i7には 8コアや10コアが登場。対応チップセットは X99。DDR4のメモリーに対応。内蔵グラフィックは搭載していません。

LGA2011-v3、10コア/20スレッド キャッシュ25MB。ハイエンドCPU。

CPUソケットは Sandy Bridge-EとIvy Bridge-Eが LGA2011でしたが、Haswell-E、Broadwell-Eでは LGA2011-v3。互換性はありません。

関連情報