マザーボードのBIOSで設定

BIOSでは、ファンの回転数を制御・コントロールすることができます。制御できるファンは主に、CPUファンです。

CPUファンの自動制御を有効にすることで、CPUの温度に応じてマザーボード側で自動で回転数をコントロールしてくれます。CPU温度が高くなると高回転、低い時は低回転という具合です。

これにより、パソコンの静音化、省電力化につながります。


4ピンかどうか

ファンには主に CPUファンやケースファンがあります。

CPUファンはCPUクーラーに付いています。

ファンの回転数を制御できるのは、4ピンのファンになります。PWM (パルス制御)といいます。

ファンの4ピンケーブルを マザーボードの4ピンに繋ぐと PWMが有効になります。

4pinケーブルCPUファンやケースファンで使われる 4ピンがケーブル。CPUファンはほとんど 4ピンが使われています。


マザーボードマザーボードの4ピン。
CPUファンもケースファンも4ピンで接続できるものが増えています。マザーボードにもよりますがケースファンのみ3ピンという場合もあります。

AMI

BIOSのPowerの項目で、hardware Mnitor。
hardware Mnitor

ファンの回転数などが表示されています。ASUSのマザーボードにはQ-fan Controlという機能があります。CPU温度に応じて、ファンの回転数を自動制御する機能です。

ファンの回転数

ASUS製マザーボードに搭載されているQ-fan Controlは、有効(Enabled)・無効(desabled)を設定できます。通常は有効に設定します。

Q-fan Control

Q-fan Controlを、有効(Enabled)にすると、CPUファンの回転モードを選択できます。通常は、Optimal(最適モード)に設定します。

Optimal

Award

PC Health Status。

PC Health Status

ファンの回転数などが表示されています。Current CPU FAN Speedが現在のCPUファンの回転数、CPU Smart FAN ControlでCPUファンの自動制御を行うかどうか設定します。Enabledが有効。Disableは無効。

CPU Smart FAN Control

UEFI BIOS

UEFI BIOSの例。アドバンストモード→モニタ。

UEFI BIOS


関連情報